オリにSBも…日本球界「キューバ詣で」百害あって一利なし

公開日: 更新日:

 ロッテは15日、キューバ代表のアルフレド・デスパイネ外野手(28)の獲得を発表した。キューバ・リーグで3度のMVPに輝いたこの助っ人は、36本塁打のリーグ最多記録保持者。昨年のWBCでは大会最多タイの3本塁打をマーク。右の長距離砲が欲しいロッテが契約にこぎ着けた。

 日本の球団が今季、キューバから獲得した選手は巨人のセペダ(34)、DeNAのグリエル(30)に次いで3人目だ。

「現在はオリックスソフトバンクの担当者が現地に入っているはずです。今季は獲得するつもりがなくても、来季以降を見据えてパイプづくりのため、担当者をキューバへ送る球団もあるそうです」(球界OB)

 キューバは昨年9月、米国以外なら自国の選手にプロ契約を認める方針を打ち出した。以後、日本の球団は続々とキューバを訪れ、セペダやグリエルと1年総額1億~1億5000万円で契約した。しかし、巨人のセペダは35試合で打率・171、5本塁打、15打点とサッパリ。それでも巨人はキューバの海外移籍第1号選手に気を使い、代打などで起用していたが、それも限界。12日に二軍調整を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    【Q】浴室で腐乱も…まわりに孤独死した人が何人もいます

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る