オリにSBも…日本球界「キューバ詣で」百害あって一利なし

公開日:  更新日:

 ロッテは15日、キューバ代表のアルフレド・デスパイネ外野手(28)の獲得を発表した。キューバ・リーグで3度のMVPに輝いたこの助っ人は、36本塁打のリーグ最多記録保持者。昨年のWBCでは大会最多タイの3本塁打をマーク。右の長距離砲が欲しいロッテが契約にこぎ着けた。

 日本の球団が今季、キューバから獲得した選手は巨人のセペダ(34)、DeNAのグリエル(30)に次いで3人目だ。

「現在はオリックスやソフトバンクの担当者が現地に入っているはずです。今季は獲得するつもりがなくても、来季以降を見据えてパイプづくりのため、担当者をキューバへ送る球団もあるそうです」(球界OB)

 キューバは昨年9月、米国以外なら自国の選手にプロ契約を認める方針を打ち出した。以後、日本の球団は続々とキューバを訪れ、セペダやグリエルと1年総額1億~1億5000万円で契約した。しかし、巨人のセペダは35試合で打率・171、5本塁打、15打点とサッパリ。それでも巨人はキューバの海外移籍第1号選手に気を使い、代打などで起用していたが、それも限界。12日に二軍調整を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る