復帰もまだなのに…カブス来季の抑えは藤川球児で決まり?

公開日:  更新日:

 右肘のトミー・ジョン手術(腱の再建手術)からの復帰を目指すカブス・藤川球児(34)が順調な回復を見せている。

 現在、マイナーで調整登板を続ける藤川は、30日(日本時間31日)の3A戦で1回を3者凡退、1三振。ここまで3Aでは5試合に投げて防御率1・80。格下相手とはいえ上々の仕上がりぶりである。昨年6月11日に右肘にメスを入れてから約1年2カ月。懸命なリハビリが実って、今では球威は戻りつつあり、直球は最速で150キロ近くまで回復した。

 ホイヤーGMは「(メジャー)復帰が近いことは間違いない」と話していることから、メジャー再昇格は時間の問題とみられる。

 藤川は今季で契約が切れる(来季年俸は5億5000万円で球団オプション)ため、残りのシーズンはメジャーでの生き残りを懸けたアピールの場となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る