右肘靭帯断裂から復活 メジャー現役最多勝右腕がマー君激励

公開日:  更新日:

 7月23日現在、メジャー通算213勝は現役最多。ジャイアンツのティム・ハドソンは右肘靭帯断裂から復活した右腕だ。08年8月にトミー・ジョン手術を受け、翌09年に復帰。10年には17勝9敗でカムバック賞を受賞した。肘の靭帯を損傷して離脱したヤンキースの田中将大(25)同様、スプリットが決め球だが、肘を痛めた原因がスプリットの多投という説は本当か。田中もトミー・ジョン手術を受けた方がよいのか。本人に聞いた。

――08年7月23日に肘の痛みで途中降板しました。

「その日はフロリダでのマーリンズ戦だった。それまで肘に痛みを感じたことはなかった。その時はただ筋を違えてしまっただけだと思ったのだけど、結局は靭帯の問題だった。その前から肩には悩まされていた。肩がメカニックに影響してしまい、そのメカニックの変化が肘の故障に関係したのかもしれないと僕は思っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る