右肘靭帯断裂から復活 メジャー現役最多勝右腕がマー君激励

公開日: 更新日:

 7月23日現在、メジャー通算213勝は現役最多。ジャイアンツのティム・ハドソンは右肘靭帯断裂から復活した右腕だ。08年8月にトミー・ジョン手術を受け、翌09年に復帰。10年には17勝9敗でカムバック賞を受賞した。肘の靭帯を損傷して離脱したヤンキースの田中将大(25)同様、スプリットが決め球だが、肘を痛めた原因がスプリットの多投という説は本当か。田中もトミー・ジョン手術を受けた方がよいのか。本人に聞いた。

――08年7月23日に肘の痛みで途中降板しました。

「その日はフロリダでのマーリンズ戦だった。それまで肘に痛みを感じたことはなかった。その時はただ筋を違えてしまっただけだと思ったのだけど、結局は靭帯の問題だった。その前から肩には悩まされていた。肩がメカニックに影響してしまい、そのメカニックの変化が肘の故障に関係したのかもしれないと僕は思っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る