• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

矛盾だらけの選手起用と采配 巨人4連敗は原監督の“人災”

 これはもう、弱いなんてもんじゃない。ヒド過ぎる。巨人が7日、DeNAに8年ぶりの3タテを食らって4連敗。後半戦はこれで4勝9敗1分けとなり、後半戦だけならセ・リーグでどん尻だ。

 新人の小林が先発マスクをかぶり、阿部は今季初の一塁で4番に座ったが、打撃優先のこの布陣はしかし、裏目に出た。1点ビハインドの二回1死二塁。二遊間へのゴロに遊撃手の坂本が追い付き一塁へ送球。が、阿部は打球がセンターへ抜けると判断したのか、中継プレーに入ろうとマウンド方向へ走り出していたため、坂本の送球はガラ空きの一塁へ。ボールが無人のファウルグラウンドを転々とする間に二塁走者の生還を許した。その直前の内野安打にしても阿部の判断ミスだった。七回には左翼の高橋由の2度の悪送球がいずれも得点に絡み、失点を重ねた。

 巨人OBの高橋善正氏(評論家)がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る