日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

矛盾だらけの選手起用と采配 巨人4連敗は原監督の“人災”

 これはもう、弱いなんてもんじゃない。ヒド過ぎる。巨人が7日、DeNAに8年ぶりの3タテを食らって4連敗。後半戦はこれで4勝9敗1分けとなり、後半戦だけならセ・リーグでどん尻だ。

 新人の小林が先発マスクをかぶり、阿部は今季初の一塁で4番に座ったが、打撃優先のこの布陣はしかし、裏目に出た。1点ビハインドの二回1死二塁。二遊間へのゴロに遊撃手の坂本が追い付き一塁へ送球。が、阿部は打球がセンターへ抜けると判断したのか、中継プレーに入ろうとマウンド方向へ走り出していたため、坂本の送球はガラ空きの一塁へ。ボールが無人のファウルグラウンドを転々とする間に二塁走者の生還を許した。その直前の内野安打にしても阿部の判断ミスだった。七回には左翼の高橋由の2度の悪送球がいずれも得点に絡み、失点を重ねた。

 巨人OBの高橋善正氏(評論家)がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事