指導者、スカウトが注目 高卒・宮国が背負う「巨人の未来」

公開日: 更新日:

 巨人の4年目右腕・宮国椋丞(22)が4日、ジャイアンツ球場での一軍投手練習に合流した。川口投手総合コーチらが見守る中、ブルペンで投球練習。7日のDeNA戦に先発予定で、「このチャンスを絶対に生かしたい」と意気込んだ。

 4月2日のDeNA戦で4回5失点でKO。その後は二軍暮らしが続いた。一軍マウンドは約4カ月ぶり。二軍でも2勝5敗、防御率4.90だった。

 巨人スカウトの一部には、この宮国が「巨人の命運を握っている」という声がある。“球界の盟主”を自任する巨人が、高校野球の強豪校から敬遠される事態が発生しているというのだ。アマチュア球界関係者が言う。

「あるドラフト有力候補を抱える高校から巨人の担当スカウトに『申し訳ないけど指名を見送って欲しい』と非公式ながら申し出があったというのです。理由は明白。『巨人は若手が育たない。巨大戦力で高卒選手の出場機会がほとんどない』からです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る