指導者、スカウトが注目 高卒・宮国が背負う「巨人の未来」

公開日: 更新日:

 巨人の4年目右腕・宮国椋丞(22)が4日、ジャイアンツ球場での一軍投手練習に合流した。川口投手総合コーチらが見守る中、ブルペンで投球練習。7日のDeNA戦に先発予定で、「このチャンスを絶対に生かしたい」と意気込んだ。

 4月2日のDeNA戦で4回5失点でKO。その後は二軍暮らしが続いた。一軍マウンドは約4カ月ぶり。二軍でも2勝5敗、防御率4.90だった。

 巨人スカウトの一部には、この宮国が「巨人の命運を握っている」という声がある。“球界の盟主”を自任する巨人が、高校野球の強豪校から敬遠される事態が発生しているというのだ。アマチュア球界関係者が言う。

「あるドラフト有力候補を抱える高校から巨人の担当スカウトに『申し訳ないけど指名を見送って欲しい』と非公式ながら申し出があったというのです。理由は明白。『巨人は若手が育たない。巨大戦力で高卒選手の出場機会がほとんどない』からです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

  10. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る