日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

録画再生率がトドメ…巨人戦中継が地上波から消滅する日

 地上波から巨人戦中継が消える可能性が高まっている。

 2014年度の巨人戦で、日本テレビが地上波で放送するのは主催試合72のうち年間で20試合。うち、ナイターは6試合だ(13年は年間23試合)。

 かつては視聴率20%以上が当たり前で、日テレのドル箱だったが、この10年というものサッカー人気や若年層のファン離れが加速し視聴率が低迷。中継数は年々減っている。

 それにトドメを刺しそうなのが「タイムシフト視聴率(録画再生率)」だ。ビデオリサーチ社が今年7月に初めて公表したもので、その番組がリアルタイムではなく、録画でどれぐらい見られているかという“録画視聴率”を表す言葉だ。今回公表されたのは3月31日から3カ月間のデータだったが、上位10番組のうち8番組がドラマだった。

■CS放送加入者は順調も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事