録画再生率がトドメ…巨人戦中継が地上波から消滅する日

公開日:  更新日:

 地上波から巨人戦中継が消える可能性が高まっている。

 2014年度の巨人戦で、日本テレビが地上波で放送するのは主催試合72のうち年間で20試合。うち、ナイターは6試合だ(13年は年間23試合)。

 かつては視聴率20%以上が当たり前で、日テレのドル箱だったが、この10年というものサッカー人気や若年層のファン離れが加速し視聴率が低迷。中継数は年々減っている。

 それにトドメを刺しそうなのが「タイムシフト視聴率(録画再生率)」だ。ビデオリサーチ社が今年7月に初めて公表したもので、その番組がリアルタイムではなく、録画でどれぐらい見られているかという“録画視聴率”を表す言葉だ。今回公表されたのは3月31日から3カ月間のデータだったが、上位10番組のうち8番組がドラマだった。

■CS放送加入者は順調も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る