早くも2戦連発 西武・森友哉の“安息の場”は打席の中だけ

公開日: 更新日:

 西武の黄金ルーキー・森友哉(19=写真)がまた豪快な一発を放った。

 15日の日本ハム戦。「おかわり」こと中村に代わって「6番・指名打者」でスタメン出場すると、その第1打席にメンドーサの高め直球をフルスイング。前日14日のオリックス戦の代打で放ったプロ入り1号に次ぐ、「2打席連続アーチ」を右翼席に叩き込んだ。

「狙ったわけじゃないけど、振り切ったら(スタンドに)入ってくれた」(森)

 一軍昇格後8試合で11打数5安打、2本塁打。高卒ルーキーでこの数字は立派だが、今の森にとって「安息の場」は、打席の中だけのようだ。

 森は将来の正捕手候補として鳴り物入りでプロ入りしたものの、二軍でマスクをかぶっていたときですらリードや配球はサッパリ。捕球ミスや後逸も連発し、投手がサインを出すこともあったほど。もっかのところ、炭谷に代わる「正妻」としての出場には首脳陣から待ったがかかっているのだ。

 本人も、「打撃のことより、守備のほうがまだまだですから……」と、ディフェンス面に関しては頭を抱えることばかり。「打てる捕手になりたいので、いずれは捕手で守りたい」という新人は、この先どう成長するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る