早くも2戦連発 西武・森友哉の“安息の場”は打席の中だけ

公開日: 更新日:

 西武の黄金ルーキー・森友哉(19=写真)がまた豪快な一発を放った。

 15日の日本ハム戦。「おかわり」こと中村に代わって「6番・指名打者」でスタメン出場すると、その第1打席にメンドーサの高め直球をフルスイング。前日14日のオリックス戦の代打で放ったプロ入り1号に次ぐ、「2打席連続アーチ」を右翼席に叩き込んだ。

「狙ったわけじゃないけど、振り切ったら(スタンドに)入ってくれた」(森)

 一軍昇格後8試合で11打数5安打、2本塁打。高卒ルーキーでこの数字は立派だが、今の森にとって「安息の場」は、打席の中だけのようだ。

 森は将来の正捕手候補として鳴り物入りでプロ入りしたものの、二軍でマスクをかぶっていたときですらリードや配球はサッパリ。捕球ミスや後逸も連発し、投手がサインを出すこともあったほど。もっかのところ、炭谷に代わる「正妻」としての出場には首脳陣から待ったがかかっているのだ。

 本人も、「打撃のことより、守備のほうがまだまだですから……」と、ディフェンス面に関しては頭を抱えることばかり。「打てる捕手になりたいので、いずれは捕手で守りたい」という新人は、この先どう成長するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る