早くも2戦連発 西武・森友哉の“安息の場”は打席の中だけ

公開日: 更新日:

 西武の黄金ルーキー・森友哉(19=写真)がまた豪快な一発を放った。

 15日の日本ハム戦。「おかわり」こと中村に代わって「6番・指名打者」でスタメン出場すると、その第1打席にメンドーサの高め直球をフルスイング。前日14日のオリックス戦の代打で放ったプロ入り1号に次ぐ、「2打席連続アーチ」を右翼席に叩き込んだ。

「狙ったわけじゃないけど、振り切ったら(スタンドに)入ってくれた」(森)

 一軍昇格後8試合で11打数5安打、2本塁打。高卒ルーキーでこの数字は立派だが、今の森にとって「安息の場」は、打席の中だけのようだ。

 森は将来の正捕手候補として鳴り物入りでプロ入りしたものの、二軍でマスクをかぶっていたときですらリードや配球はサッパリ。捕球ミスや後逸も連発し、投手がサインを出すこともあったほど。もっかのところ、炭谷に代わる「正妻」としての出場には首脳陣から待ったがかかっているのだ。

 本人も、「打撃のことより、守備のほうがまだまだですから……」と、ディフェンス面に関しては頭を抱えることばかり。「打てる捕手になりたいので、いずれは捕手で守りたい」という新人は、この先どう成長するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る