またも代打で結果 西武・森に球団内から「フル出場」待望論

公開日:  更新日:

 やっぱり高卒ルーキー離れしている。プロ初ヒットを放った前夜に続き、西武の森友哉(18)が31日もバットで球場を沸かせた。

 1─0の八回に先頭打者の代打で出てくると、オリックス先発・東明の初球を迷いなくフルスイング。打球は中堅の前に落ち、駿太がショートバウンドを弾いたこともあって二塁打となった。さも当然といった表情で二塁ベースに立つ森に、田辺監督代行は審判に代走をコール。一振りでチャンスをつくって代走でお役御免とは、この道ウン十年の大ベテランの風情である。

 そんな18歳の姿に、「もっと早くから一軍にいれば……」とため息が止まらないのが球団の営業担当だろう。なにせ、退任した伊原前監督の方針の下、森はキャンプから二軍暮らし。今季の西武は開幕前から話題がなかっただけに、営業担当は悲鳴を上げたほどだ。森がいくら打とうが、伊原前監督は無視を決め込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る