またも代打で結果 西武・森に球団内から「フル出場」待望論

公開日: 更新日:

 やっぱり高卒ルーキー離れしている。プロ初ヒットを放った前夜に続き、西武森友哉(18)が31日もバットで球場を沸かせた。

 1─0の八回に先頭打者の代打で出てくると、オリックス先発・東明の初球を迷いなくフルスイング。打球は中堅の前に落ち、駿太がショートバウンドを弾いたこともあって二塁打となった。さも当然といった表情で二塁ベースに立つ森に、田辺監督代行は審判に代走をコール。一振りでチャンスをつくって代走でお役御免とは、この道ウン十年の大ベテランの風情である。

 そんな18歳の姿に、「もっと早くから一軍にいれば……」とため息が止まらないのが球団の営業担当だろう。なにせ、退任した伊原前監督の方針の下、森はキャンプから二軍暮らし。今季の西武は開幕前から話題がなかっただけに、営業担当は悲鳴を上げたほどだ。森がいくら打とうが、伊原前監督は無視を決め込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

もっと見る