またも代打で結果 西武・森に球団内から「フル出場」待望論

公開日: 更新日:

 やっぱり高卒ルーキー離れしている。プロ初ヒットを放った前夜に続き、西武の森友哉(18)が31日もバットで球場を沸かせた。

 1─0の八回に先頭打者の代打で出てくると、オリックス先発・東明の初球を迷いなくフルスイング。打球は中堅の前に落ち、駿太がショートバウンドを弾いたこともあって二塁打となった。さも当然といった表情で二塁ベースに立つ森に、田辺監督代行は審判に代走をコール。一振りでチャンスをつくって代走でお役御免とは、この道ウン十年の大ベテランの風情である。

 そんな18歳の姿に、「もっと早くから一軍にいれば……」とため息が止まらないのが球団の営業担当だろう。なにせ、退任した伊原前監督の方針の下、森はキャンプから二軍暮らし。今季の西武は開幕前から話題がなかっただけに、営業担当は悲鳴を上げたほどだ。森がいくら打とうが、伊原前監督は無視を決め込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る