初打席で強烈安打 西武高卒新人・森友哉は態度も“超ド級”

公開日:  更新日:

 ウワサの大物新人はプレーも態度も「器」が違うらしい。

 27日に初の一軍昇格を果たした西武の高卒ドラ1捕手・森友哉(18=大阪桐蔭)が、30日のオリックス戦で一軍デビュー。八回の守備から出場し、九回のプロ初打席で右翼フェンス直撃の安打を放った。

 当初は、将来の正妻候補として二軍で英才教育を施しながらじっくり育てる予定だったが、二軍で67試合に出場して、打率・341、5本塁打、41打点の好成績をマーク。下に置いておく素材じゃないと、一軍昇格が「前倒し」された。身長170センチ、80キロと小柄な「豆タンク体形」ながら、下半身を使ったフルスイングはすでに一軍レベルともっぱら。この日の安打もスイングスピード、打球の速さとも強烈で、高校の先輩にあたる「おかわり」こと4番の中村が、ベンチで目を丸くしたほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る