日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初打席で強烈安打 西武高卒新人・森友哉は態度も“超ド級”

 ウワサの大物新人はプレーも態度も「器」が違うらしい。

 27日に初の一軍昇格を果たした西武の高卒ドラ1捕手・森友哉(18=大阪桐蔭)が、30日のオリックス戦で一軍デビュー。八回の守備から出場し、九回のプロ初打席で右翼フェンス直撃の安打を放った。

 当初は、将来の正妻候補として二軍で英才教育を施しながらじっくり育てる予定だったが、二軍で67試合に出場して、打率・341、5本塁打、41打点の好成績をマーク。下に置いておく素材じゃないと、一軍昇格が「前倒し」された。身長170センチ、80キロと小柄な「豆タンク体形」ながら、下半身を使ったフルスイングはすでに一軍レベルともっぱら。この日の安打もスイングスピード、打球の速さとも強烈で、高校の先輩にあたる「おかわり」こと4番の中村が、ベンチで目を丸くしたほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事