初打席で強烈安打 西武高卒新人・森友哉は態度も“超ド級”

公開日: 更新日:

 ウワサの大物新人はプレーも態度も「器」が違うらしい。

 27日に初の一軍昇格を果たした西武の高卒ドラ1捕手・森友哉(18=大阪桐蔭)が、30日のオリックス戦で一軍デビュー。八回の守備から出場し、九回のプロ初打席で右翼フェンス直撃の安打を放った。

 当初は、将来の正妻候補として二軍で英才教育を施しながらじっくり育てる予定だったが、二軍で67試合に出場して、打率・341、5本塁打、41打点の好成績をマーク。下に置いておく素材じゃないと、一軍昇格が「前倒し」された。身長170センチ、80キロと小柄な「豆タンク体形」ながら、下半身を使ったフルスイングはすでに一軍レベルともっぱら。この日の安打もスイングスピード、打球の速さとも強烈で、高校の先輩にあたる「おかわり」こと4番の中村が、ベンチで目を丸くしたほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る