和田監督も頭痛い 元メジャー選手の起用法が阪神浮沈の鍵

公開日:  更新日:

 阪神は昨夏のロードで甲子園に戻る直前、5ゲーム差で挑んだ巨人戦に3連敗。ナインはこれで意気消沈。その後は11勝19敗2分けと負けが込み、12・5ゲーム差の恥ずかしい2位に終わった。

 今季も地元に帰る直前はくしくも巨人戦。悪夢の再来だけは避けようとナインは気を引き締めているそうだが、厄介な問題がある。「西岡と福留だよ」と古手OBがこう続ける。

「開幕3戦目に大ケガを負った西岡は、6月下旬に戦列復帰。今は背中の張りを訴えて二軍にいるが、体はもう大丈夫と聞いている。9月に一軍に上がったらどこで使うのか。二塁の上本は攻守ともにいい働きをしているし、この日先制弾を放った三塁の今成も左腕を苦にしない好打者だ。西岡が戻ってきても代える必要性はまったくない。もしも西岡を使って裏目に出た時、チームのムードは悪くなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る