和田監督も頭痛い 元メジャー選手の起用法が阪神浮沈の鍵

公開日:  更新日:

 阪神は昨夏のロードで甲子園に戻る直前、5ゲーム差で挑んだ巨人戦に3連敗。ナインはこれで意気消沈。その後は11勝19敗2分けと負けが込み、12・5ゲーム差の恥ずかしい2位に終わった。

 今季も地元に帰る直前はくしくも巨人戦。悪夢の再来だけは避けようとナインは気を引き締めているそうだが、厄介な問題がある。「西岡と福留だよ」と古手OBがこう続ける。

「開幕3戦目に大ケガを負った西岡は、6月下旬に戦列復帰。今は背中の張りを訴えて二軍にいるが、体はもう大丈夫と聞いている。9月に一軍に上がったらどこで使うのか。二塁の上本は攻守ともにいい働きをしているし、この日先制弾を放った三塁の今成も左腕を苦にしない好打者だ。西岡が戻ってきても代える必要性はまったくない。もしも西岡を使って裏目に出た時、チームのムードは悪くなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る