和田監督も頭痛い 元メジャー選手の起用法が阪神浮沈の鍵

公開日: 更新日:

 阪神は昨夏のロードで甲子園に戻る直前、5ゲーム差で挑んだ巨人戦に3連敗。ナインはこれで意気消沈。その後は11勝19敗2分けと負けが込み、12・5ゲーム差の恥ずかしい2位に終わった。

 今季も地元に帰る直前はくしくも巨人戦。悪夢の再来だけは避けようとナインは気を引き締めているそうだが、厄介な問題がある。「西岡と福留だよ」と古手OBがこう続ける。

「開幕3戦目に大ケガを負った西岡は、6月下旬に戦列復帰。今は背中の張りを訴えて二軍にいるが、体はもう大丈夫と聞いている。9月に一軍に上がったらどこで使うのか。二塁の上本は攻守ともにいい働きをしているし、この日先制弾を放った三塁の今成も左腕を苦にしない好打者だ。西岡が戻ってきても代える必要性はまったくない。もしも西岡を使って裏目に出た時、チームのムードは悪くなる」

 一方の福留は21日の中日戦で貴重な本塁打を放ったものの、相変わらず打撃は低調。24日の適時打は、勝負がついている九回に打ったもの。得点圏打率.145ではスタメンで使い続けるのは厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”