和田監督も頭痛い 元メジャー選手の起用法が阪神浮沈の鍵

公開日: 更新日:

 阪神は昨夏のロードで甲子園に戻る直前、5ゲーム差で挑んだ巨人戦に3連敗。ナインはこれで意気消沈。その後は11勝19敗2分けと負けが込み、12・5ゲーム差の恥ずかしい2位に終わった。

 今季も地元に帰る直前はくしくも巨人戦。悪夢の再来だけは避けようとナインは気を引き締めているそうだが、厄介な問題がある。「西岡と福留だよ」と古手OBがこう続ける。

「開幕3戦目に大ケガを負った西岡は、6月下旬に戦列復帰。今は背中の張りを訴えて二軍にいるが、体はもう大丈夫と聞いている。9月に一軍に上がったらどこで使うのか。二塁の上本は攻守ともにいい働きをしているし、この日先制弾を放った三塁の今成も左腕を苦にしない好打者だ。西岡が戻ってきても代える必要性はまったくない。もしも西岡を使って裏目に出た時、チームのムードは悪くなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    北園丈琉は練習が嫌で体操教室をボイコット!【「銀」体操男子 若き4人の素顔#2】

もっと見る