首位快走、客足好調の巨人 優勝しても選手は年俸ダウン危機

公開日: 更新日:

 セの首位をキープする巨人は今季、主催61試合を終えた現時点での観客動員が1試合平均4万2610人。これは過去5年で最も多く、昨年から829人増、3位低迷で苦戦した11年に比べると実に4874人もアップしている。連覇を果たした昨年も総入場者数が前年より10万4250人も増えており、球団はウハウハだろうと思ったら、あるセ球団の球団関係者がこんなことを言う。

「他人の財布の中のことだから詳しいことは分かりませんが、昨年はその分、選手の年俸も上がったでしょ。菅野が1500万円から7000万円になったり、抑えだった西村は8000万円から1億円もアップした。勝てば客足は伸びるけど、比例して選手の給料も上げざるを得ない。痛しかゆしだと、ウチのフロント上層部も嘆いていたことがありましたからね」

 実際、巨人の総年俸(外国人、育成選手を除く)は13年の38億1610万円から今年は41億3485万円と3億円以上も増え、平均年俸も6155万円から6891万円にアップした。増収分の多くが人件費に消えたとなれば、確かにウハウハというほどではないのかもしれないが、その点、今年は違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る