• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首位快走、客足好調の巨人 優勝しても選手は年俸ダウン危機

 セの首位をキープする巨人は今季、主催61試合を終えた現時点での観客動員が1試合平均4万2610人。これは過去5年で最も多く、昨年から829人増、3位低迷で苦戦した11年に比べると実に4874人もアップしている。連覇を果たした昨年も総入場者数が前年より10万4250人も増えており、球団はウハウハだろうと思ったら、あるセ球団の球団関係者がこんなことを言う。

「他人の財布の中のことだから詳しいことは分かりませんが、昨年はその分、選手の年俸も上がったでしょ。菅野が1500万円から7000万円になったり、抑えだった西村は8000万円から1億円もアップした。勝てば客足は伸びるけど、比例して選手の給料も上げざるを得ない。痛しかゆしだと、ウチのフロント上層部も嘆いていたことがありましたからね」

 実際、巨人の総年俸(外国人、育成選手を除く)は13年の38億1610万円から今年は41億3485万円と3億円以上も増え、平均年俸も6155万円から6891万円にアップした。増収分の多くが人件費に消えたとなれば、確かにウハウハというほどではないのかもしれないが、その点、今年は違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る