首位快走、客足好調の巨人 優勝しても選手は年俸ダウン危機

公開日:  更新日:

 セの首位をキープする巨人は今季、主催61試合を終えた現時点での観客動員が1試合平均4万2610人。これは過去5年で最も多く、昨年から829人増、3位低迷で苦戦した11年に比べると実に4874人もアップしている。連覇を果たした昨年も総入場者数が前年より10万4250人も増えており、球団はウハウハだろうと思ったら、あるセ球団の球団関係者がこんなことを言う。

「他人の財布の中のことだから詳しいことは分かりませんが、昨年はその分、選手の年俸も上がったでしょ。菅野が1500万円から7000万円になったり、抑えだった西村は8000万円から1億円もアップした。勝てば客足は伸びるけど、比例して選手の給料も上げざるを得ない。痛しかゆしだと、ウチのフロント上層部も嘆いていたことがありましたからね」

 実際、巨人の総年俸(外国人、育成選手を除く)は13年の38億1610万円から今年は41億3485万円と3億円以上も増え、平均年俸も6155万円から6891万円にアップした。増収分の多くが人件費に消えたとなれば、確かにウハウハというほどではないのかもしれないが、その点、今年は違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る