• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人は大盤振る舞い 菅野の「査定」は何がプラス材料だったのか

「最大にして最高の評価をしてもらい、満足しています」

 巨人の菅野智之(24)は喜びをかみしめながらこう言った。9日に契約更改交渉に臨み、5500万円増の7000万円でサイン。「想像より多かった? 初めてだし、変な先入観を持たずに臨んだので特に驚きはなかった」とは言うものの、表情は終始笑顔だった。

■上原や松坂に並ぶインパクトがあったか

 27試合で13勝6敗。巨人の新人では20勝4敗で沢村賞などのタイトルを総なめにした上原(現レッドソックス)の6600万円を上回る最高額となった。「新人王の則本(楽天)の6000万円くらいかと思ったけど、あっさり上原も超えちゃったよ」と報道陣からは驚きの声が上がった。7000万円といえば、上原と同じ年に16勝5敗でパ・リーグの最多勝を獲得した「怪物」松坂(メッツからFA)に並ぶもの。上原、松坂のルーキーイヤーほどのインパクトが菅野にあったかといえば、確かに疑問符は付く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る