巨人は大盤振る舞い 菅野の「査定」は何がプラス材料だったのか

公開日:  更新日:

「最大にして最高の評価をしてもらい、満足しています」

 巨人の菅野智之(24)は喜びをかみしめながらこう言った。9日に契約更改交渉に臨み、5500万円増の7000万円でサイン。「想像より多かった? 初めてだし、変な先入観を持たずに臨んだので特に驚きはなかった」とは言うものの、表情は終始笑顔だった。

■上原や松坂に並ぶインパクトがあったか

 27試合で13勝6敗。巨人の新人では20勝4敗で沢村賞などのタイトルを総なめにした上原(現レッドソックス)の6600万円を上回る最高額となった。「新人王の則本(楽天)の6000万円くらいかと思ったけど、あっさり上原も超えちゃったよ」と報道陣からは驚きの声が上がった。7000万円といえば、上原と同じ年に16勝5敗でパ・リーグの最多勝を獲得した「怪物」松坂(メッツからFA)に並ぶもの。上原、松坂のルーキーイヤーほどのインパクトが菅野にあったかといえば、確かに疑問符は付く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る