巨人は大盤振る舞い 菅野の「査定」は何がプラス材料だったのか

公開日: 更新日:

「最大にして最高の評価をしてもらい、満足しています」

 巨人菅野智之(24)は喜びをかみしめながらこう言った。9日に契約更改交渉に臨み、5500万円増の7000万円でサイン。「想像より多かった? 初めてだし、変な先入観を持たずに臨んだので特に驚きはなかった」とは言うものの、表情は終始笑顔だった。

■上原や松坂に並ぶインパクトがあったか

 27試合で13勝6敗。巨人の新人では20勝4敗で沢村賞などのタイトルを総なめにした上原(現レッドソックス)の6600万円を上回る最高額となった。「新人王の則本(楽天)の6000万円くらいかと思ったけど、あっさり上原も超えちゃったよ」と報道陣からは驚きの声が上がった。7000万円といえば、上原と同じ年に16勝5敗でパ・リーグの最多勝を獲得した「怪物」松坂(メッツからFA)に並ぶもの。上原、松坂のルーキーイヤーほどのインパクトが菅野にあったかといえば、確かに疑問符は付く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る