流出防止狙い? 巨人・西村 “原査定”で1億円アップ更改

公開日: 更新日:

「自信になった。今年と同じくらいのセーブを挙げたいです」

 契約更改後の会見では、口を開くたびに笑みがこぼれた。巨人の西村健太朗(28)が、実に1億円アップとなる年俸1億8000万円でサイン。71試合に登板した今季は球団新記録となる42セーブを挙げ、初のタイトルを獲得した。昨季も69試合に投げて32セーブ。2年連続で抑え役を務めた実績が評価されたわけだが、それにしても1億円増とは本人もビックリだったろう。

「原監督の後押しもあったはずです。状況によって、山口やマシソンをクローザーで起用する場面もあったが、西村は文句ひとつ言わず、『使ってもらえるだけありがたい。山口さん、マシソンあってのボクですから』が口癖。登板過多を心配した川口投手コーチに休養を命じられると、監督室に出向いて登板を直訴したこともあった。そんな西村が、原監督はかわいくてしょうがない。昨年から原監督が投手陣で最も評価しているのが実はこの西村で、『あの頑健な体がジャイアンツの大きな武器』『野球に取り組む姿勢においては、我が軍でもトップクラス』と、チームの内外で口を開けば大絶賛している。そんな指揮官の評価をフロントがくんだというところです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る