• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

流出防止狙い? 巨人・西村 “原査定”で1億円アップ更改

「自信になった。今年と同じくらいのセーブを挙げたいです」

 契約更改後の会見では、口を開くたびに笑みがこぼれた。巨人の西村健太朗(28)が、実に1億円アップとなる年俸1億8000万円でサイン。71試合に登板した今季は球団新記録となる42セーブを挙げ、初のタイトルを獲得した。昨季も69試合に投げて32セーブ。2年連続で抑え役を務めた実績が評価されたわけだが、それにしても1億円増とは本人もビックリだったろう。

「原監督の後押しもあったはずです。状況によって、山口やマシソンをクローザーで起用する場面もあったが、西村は文句ひとつ言わず、『使ってもらえるだけありがたい。山口さん、マシソンあってのボクですから』が口癖。登板過多を心配した川口投手コーチに休養を命じられると、監督室に出向いて登板を直訴したこともあった。そんな西村が、原監督はかわいくてしょうがない。昨年から原監督が投手陣で最も評価しているのが実はこの西村で、『あの頑健な体がジャイアンツの大きな武器』『野球に取り組む姿勢においては、我が軍でもトップクラス』と、チームの内外で口を開けば大絶賛している。そんな指揮官の評価をフロントがくんだというところです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る