松井に遠慮も年俸6億円…巨人・阿部 チームでは“ゴジラ超え”

公開日: 更新日:

 巨人阿部慎之助(34)が24日、契約更改交渉を行い、3000万円アップの年俸6億円、年俸変動制の2年契約でサインした。日本人選手では元巨人の松井、元横浜の佐々木に次ぐ6億円到達。「(入団した時には)考えられない」と笑みがこぼれた。

 135試合に出場し、打率.296、32本塁打、91打点。主将、主砲、捕手としてチームを牽引し、リーグ連覇に貢献した。球団からは02年の松井の6億1000万円を上回る6億2000万円を提示されたという。が、「ポストシーズンで結果が出なかった」とこれを辞退。22打数2安打と大ブレーキだった日本シリーズを振り返り、「世間体をちょっと気にした」と2000万円を返上したのだから太っ腹な話だ。「(松井超えは)自分のモチベーションになるし、もっと上を目指さないといけない。日本のプロ野球でも10億、20億もらえる選手がいてもいい」と威勢が良かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る