先発復帰のDeNA山口がプロ初完封 虎の尻尾が見えてきた

公開日: 更新日:

 DeNA右腕の山口俊(27)が、10日のヤクルト戦でプロ初完封の7勝目を挙げた。3日の阪神戦では5安打1失点でのプロ初完投勝利。2試合続けて九回を投げ切る快投劇は無四球のおまけつきで、3位阪神とのゲーム差を3.5にしたヒーローは「やっと完封できた」と喜んだ。

 2010年、11年は30セーブをマークするも、12年から救援失敗を繰り返し、昨年は3度の二軍落ち。今季はクローザーからセットアッパーへ格下げされ、5月には早々と二軍に落とされた。

 元幕内力士だった父(谷嵐)譲りの立派な体格(187センチ・90キロ)も、ハートがやや弱い。僅差を守り切る抑えは、性格的に向かないとの声は以前からあった。「先発でダメならトレード要員」との噂もあった6月の交流戦ロッテ戦で、7年ぶりとなる先発マウンドへ。リードを守りきる重圧から解放されると、ノビノビ腕が振れて直球のキレが増し、得意のスプリットフィンガード・ファストボールもよく落ちた。この試合で山口は、首脳陣もビックリの6回2安打無失点の好投で、まさかの今季初勝利。今では先発ローテの一角を占めている。

 ここ3試合、計26回投げてわずか2失点。抑えの時には、ファンの罵声を浴び続けた男が、05年以来のAクラスに向けて頼もしい存在になっている。 変われば変わるものだ。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る