先発復帰のDeNA山口がプロ初完封 虎の尻尾が見えてきた

公開日: 更新日:

 DeNA右腕の山口俊(27)が、10日のヤクルト戦でプロ初完封の7勝目を挙げた。3日の阪神戦では5安打1失点でのプロ初完投勝利。2試合続けて九回を投げ切る快投劇は無四球のおまけつきで、3位阪神とのゲーム差を3.5にしたヒーローは「やっと完封できた」と喜んだ。

 2010年、11年は30セーブをマークするも、12年から救援失敗を繰り返し、昨年は3度の二軍落ち。今季はクローザーからセットアッパーへ格下げされ、5月には早々と二軍に落とされた。

 元幕内力士だった父(谷嵐)譲りの立派な体格(187センチ・90キロ)も、ハートがやや弱い。僅差を守り切る抑えは、性格的に向かないとの声は以前からあった。「先発でダメならトレード要員」との噂もあった6月の交流戦ロッテ戦で、7年ぶりとなる先発マウンドへ。リードを守りきる重圧から解放されると、ノビノビ腕が振れて直球のキレが増し、得意のスプリットフィンガード・ファストボールもよく落ちた。この試合で山口は、首脳陣もビックリの6回2安打無失点の好投で、まさかの今季初勝利。今では先発ローテの一角を占めている。

 ここ3試合、計26回投げてわずか2失点。抑えの時には、ファンの罵声を浴び続けた男が、05年以来のAクラスに向けて頼もしい存在になっている。 変われば変わるものだ。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走