政治家の人気取りに“肩すかし” 錦織は栄誉賞辞退で株上げた

公開日: 更新日:

「政治利用されまいと賞を辞退した錦織を褒めるより、錦織を政治利用しようとした地方の木っ端役人こそ叩かれてしかるべきですよ」

 こう言うのは作家の吉川潮氏だ。

 17日、テニスの全米オープン男子シングルスで準優勝した錦織圭(24)が、故郷・島根県が授与を検討していた県民栄誉賞を辞退していたことが分かった。島根県の溝口知事によれば、錦織は以下のようなメッセージを寄せていたらしい。

「私はまだまだ発展途上で、世界ランキング1位などの夢に向かって努力している最中。私にとっての原点は、13歳まで育った松江市と島根県なのでとても光栄。プロテニス選手として何かを成し遂げ、キャリアに区切りをつけたときがふさわしいのではないか、というのが率直な思いです」

 スポーツで活躍したアスリートに賞を授与して自らの人気取りに利用しようというのは、政治家や役人の常套手段。その最たるものが「国民栄誉賞」だが、「仮に錦織が優勝していたら、安倍首相は国民栄誉賞の授与を考えたに決まってますよ。準優勝で県民栄誉賞とは、いかにも地方都市のやりそうなこと。普段から何かアピールできることはないかと必死で考えたのでしょうが、要するに政治家や役人の発想は一緒。利用できるものは何でも利用してやろうという魂胆なのです」とは前出の吉川氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る