全米オープン8強 テニス錦織圭の快進撃につく“お値段”

公開日:  更新日:

 テニスの錦織圭(24)の快進撃が止まらない。全米オープンテニス第8日、シングルス4回戦で世界ランク6位のミロシュ・ラオニッチ(23=カナダ)をフルセットの末に破り、初の準々決勝進出。4時間19分の激戦を制し、日本勢としては1922年の清水善造以来、92年ぶりのベスト8進出を果たした。

 試合終了は現地時間で午前2時26分。「史上最も遅く終わった試合」に並ぶオマケもついて、「そういう記録を打ち立てられるのはうれしい。次も勝てるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

 錦織の世界ランクは11位。今年5月には日本男子初のトップ10入りとなる9位になった。4大大会をいつ制しても不思議はないのだが、成長のスピードに比例して「収入」も凄いことになっている。

 錦織の今季獲得賞金は185万3999ドル(約1億9300万円)。仮に今大会で優勝すれば、3億1200万円の賞金が加算される。そんなもんかと思ったら大間違いで、テニスの世界ではむしろスポンサー料が“本給”のようなもの。米大手経済誌「フォーブス」が発表する14年の世界スポーツ選手長者番付でテニス界トップの8位にランクされるロジャー・フェデラー(33=スイス)の年収は約57億円。そのうち53億円がスポンサー契約料となっている。

 現在、錦織が契約するスポンサーは所属の日清食品を筆頭にユニクロ、アディダス、タグ・ホイヤーなど計7社。そのスポンサー料は、合わせて20億円とも30億円ともいわれている。4大大会で優勝しようものなら、収入面でも世界のトップに肩を並べるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る