錦織の「特別ボーナス」は3億円 準優勝賞金のほぼ2倍稼いだ

公開日:  更新日:

 準優勝に終わったとはいえ、テニスの全米オープンでアジア人初の4大大会決勝進出を果たした錦織圭(24)に、ユニクロの柳井会長が5000万円のポケットマネーを含む1億円の特別ボーナスを出すと発表。錦織が所属する日清食品の安藤社長も「金額は言えないが、きっちり考えています」と報奨金の支給を検討するなど、一説には「契約を結ぶスポンサー8社から出る特別ボーナスだけで3億円に上る」と言われている。

 広告代理店の関係者がこう言った。

「第一生命経済研究所が錦織の経済効果を300億円超と試算している。スポンサーが大喜びするのは当然ですが、そうでなくても錦織ほど契約スポンサーから受けのいいアスリートは見たことがありませんからね。日常生活でもスポンサー企業の商品しか使わないと徹底していて、企業のイベントに呼ばれればイヤな顔ひとつせずに笑顔で出席する。13歳で米国にテニス留学して苦労した彼は、パトロンの大切さが骨身に染みているのだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る