先発陣“火の車”で囁かれる巨人投手コーチ陣の「配置転換」

公開日: 更新日:

 巨人ベンチが真っ青になっている。7日のヤクルト戦に3-10で完敗し、最下位球団に1勝2敗と負け越し。先発の久保が三回途中KOされ、試合後の川口投手チーフコーチは「よくなかった。次も先発? ムリでしょ」と吐き捨てた。試合前には大竹が右肩違和感で登録抹消、“先発がいない”と頭を抱えているのだ。

 巨人は9日から阪神、DeNA、広島との9連戦が控えている。この日、右手中指の腱の炎症で二軍落ちしていた菅野が約1カ月ぶりに一軍に合流したものの、首脳陣が「この9連戦が勝負どころ」と見るヤマ場を前にし、菅野と入れ替わるように大竹が消え、久保もダメとなれば確かに、先発陣は火の車である。

■二軍には逸材がゴロゴロ

 が、他球団の見方は違う。某スコアラーが皮肉交じりにこういう。

「久保なんかは気の毒ですよね。チーム事情で8月31日のDeNA戦から先発に回りましたが、それが5年ぶりの先発ですからね。しかも、登板を告げられたのは試合前日だって言うんですから。それまでリリーフで40試合に投げていて、いきなり先発というのは酷。DeNA戦では足がつって5回で降板した。あれは間違いなく、調整の問題です。ましてや久保は一昨年に右ヒジ靱帯の再建手術を受けて、昨年は一軍登板がなかった。先発がいないなんて、巨人にはほかに先発の谷間を埋める投手がいっぱいいるじゃないですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”