先発陣“火の車”で囁かれる巨人投手コーチ陣の「配置転換」

公開日: 更新日:

 巨人ベンチが真っ青になっている。7日のヤクルト戦に3-10で完敗し、最下位球団に1勝2敗と負け越し。先発の久保が三回途中KOされ、試合後の川口投手チーフコーチは「よくなかった。次も先発? ムリでしょ」と吐き捨てた。試合前には大竹が右肩違和感で登録抹消、“先発がいない”と頭を抱えているのだ。

 巨人は9日から阪神、DeNA、広島との9連戦が控えている。この日、右手中指の腱の炎症で二軍落ちしていた菅野が約1カ月ぶりに一軍に合流したものの、首脳陣が「この9連戦が勝負どころ」と見るヤマ場を前にし、菅野と入れ替わるように大竹が消え、久保もダメとなれば確かに、先発陣は火の車である。

■二軍には逸材がゴロゴロ

 が、他球団の見方は違う。某スコアラーが皮肉交じりにこういう。

「久保なんかは気の毒ですよね。チーム事情で8月31日のDeNA戦から先発に回りましたが、それが5年ぶりの先発ですからね。しかも、登板を告げられたのは試合前日だって言うんですから。それまでリリーフで40試合に投げていて、いきなり先発というのは酷。DeNA戦では足がつって5回で降板した。あれは間違いなく、調整の問題です。ましてや久保は一昨年に右ヒジ靱帯の再建手術を受けて、昨年は一軍登板がなかった。先発がいないなんて、巨人にはほかに先発の谷間を埋める投手がいっぱいいるじゃないですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る