• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発陣“火の車”で囁かれる巨人投手コーチ陣の「配置転換」

 巨人ベンチが真っ青になっている。7日のヤクルト戦に3-10で完敗し、最下位球団に1勝2敗と負け越し。先発の久保が三回途中KOされ、試合後の川口投手チーフコーチは「よくなかった。次も先発? ムリでしょ」と吐き捨てた。試合前には大竹が右肩違和感で登録抹消、“先発がいない”と頭を抱えているのだ。

 巨人は9日から阪神、DeNA、広島との9連戦が控えている。この日、右手中指の腱の炎症で二軍落ちしていた菅野が約1カ月ぶりに一軍に合流したものの、首脳陣が「この9連戦が勝負どころ」と見るヤマ場を前にし、菅野と入れ替わるように大竹が消え、久保もダメとなれば確かに、先発陣は火の車である。

■二軍には逸材がゴロゴロ

 が、他球団の見方は違う。某スコアラーが皮肉交じりにこういう。

「久保なんかは気の毒ですよね。チーム事情で8月31日のDeNA戦から先発に回りましたが、それが5年ぶりの先発ですからね。しかも、登板を告げられたのは試合前日だって言うんですから。それまでリリーフで40試合に投げていて、いきなり先発というのは酷。DeNA戦では足がつって5回で降板した。あれは間違いなく、調整の問題です。ましてや久保は一昨年に右ヒジ靱帯の再建手術を受けて、昨年は一軍登板がなかった。先発がいないなんて、巨人にはほかに先発の谷間を埋める投手がいっぱいいるじゃないですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る