日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無念のシーズン終了…涙をのんだマ軍・岩隈、ロ軍・青木

 レギュラーシーズン最終戦までもつれたア・リーグのワイルドカード(WC)、地区優勝争いは、いずれも日本人選手が涙をのんだ。

 まずは岩隈久志(33)のマリナーズ。エンゼルス相手に快勝したが、WC2位を争うアスレチックスがレンジャーズを下したため、マリナーズのレギュラーシーズン敗退が決まった。今季自己最多の15勝(9敗)をマークした岩隈はメジャー3年目にして初のポストシーズン出場はならなかった。

 一方、すでにポストシーズン進出を決めている青木宣親(32)のロイヤルズはホワイトソックスを6-4で下したが、1ゲーム差で首位のタイガースがツインズに勝利。ロイヤルズの29年ぶりの地区優勝はならなかった。ロイヤルズは30日に地区シリーズ進出をかけてアスレチックスとWCゲーム(1試合制)で対戦する。ナ・リーグではカージナルスが中地区優勝を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事