日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

PS進出かかる青木と岩隈 2人を待ちうけるオフの“明暗”

 今季も日本人選手所属チームがポストシーズンに進出しそうだ。青木宣親(32)のロイヤルズ、岩隈久志(33)のマリナーズの2チームだ。

 ロイヤルズは80勝65敗の勝率5割5分2厘で2位タイガースとは0.5ゲーム差ながらア・リーグ中地区首位に立っている。マリナーズは西地区を制するのは厳しいものの、ワイルドカード(地区優勝以外の最高勝率2チーム)争いでは首位アスレチックスとは0.5ゲーム差の3位。残り17試合で逆転も可能な位置に付けている(11日終了時)。

 青木はここまで116試合に出場して打率2割6分7厘、岩隈は25試合に登板して14勝7敗、防御率3.11。ともに今季限りで契約が切れるが(岩隈は来季球団に選択権のあるオプション)、オフには明暗がくっきり分かれる。

■青木の評価は「Bランク」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事