PS進出かかる青木と岩隈 2人を待ちうけるオフの“明暗”

公開日: 更新日:

 今季も日本人選手所属チームがポストシーズンに進出しそうだ。青木宣親(32)のロイヤルズ、岩隈久志(33)のマリナーズの2チームだ。

 ロイヤルズは80勝65敗の勝率5割5分2厘で2位タイガースとは0.5ゲーム差ながらア・リーグ中地区首位に立っている。マリナーズは西地区を制するのは厳しいものの、ワイルドカード(地区優勝以外の最高勝率2チーム)争いでは首位アスレチックスとは0.5ゲーム差の3位。残り17試合で逆転も可能な位置に付けている(11日終了時)。

 青木はここまで116試合に出場して打率2割6分7厘、岩隈は25試合に登板して14勝7敗、防御率3.11。ともに今季限りで契約が切れるが(岩隈は来季球団に選択権のあるオプション)、オフには明暗がくっきり分かれる。

■青木の評価は「Bランク」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る