狙われるロイヤルズ青木…“三振しない俊足”に厳しいマーク

公開日: 更新日:

 日本人リードオフマンが厳しいマークに遭っている。

 今季は打線の牽引役を期待されるロイヤルズ・青木宣親(32)。5月31日のブルージェイズ戦では左かかとにぶつけられ、その後は痛み止めを服用しながら出場を強いられるなど、ここまで受けた死球は3個。チームでは主軸ゴードンの4個に次ぐ多さだ。5日のカージナルス戦ではモリーナ捕手から投手への返球を頭にぶつけられ、別の試合では牽制球を頭部に受けるなど、何かと災難続きだ。

 実は青木は数字上ではメジャー有数の好打者。ブリュワーズ時代の過去2年間で1117打数321安打の打率2割8分7厘。出塁率3割5分5厘はまずまずの数字だ。

 最も三振しない打者としても知られ、昨季は674打席で40三振。16.9打席に1回の三振頻度はメジャー最少だった。さらに左打者でありながら、左投手に強い。昨季の左腕との対戦打率3割3分9厘はヤンキース・イチロー(3割2分1厘)らを抑えてダントツだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る