狙われるロイヤルズ青木…“三振しない俊足”に厳しいマーク

公開日:  更新日:

 日本人リードオフマンが厳しいマークに遭っている。

 今季は打線の牽引役を期待されるロイヤルズ・青木宣親(32)。5月31日のブルージェイズ戦では左かかとにぶつけられ、その後は痛み止めを服用しながら出場を強いられるなど、ここまで受けた死球は3個。チームでは主軸ゴードンの4個に次ぐ多さだ。5日のカージナルス戦ではモリーナ捕手から投手への返球を頭にぶつけられ、別の試合では牽制球を頭部に受けるなど、何かと災難続きだ。

 実は青木は数字上ではメジャー有数の好打者。ブリュワーズ時代の過去2年間で1117打数321安打の打率2割8分7厘。出塁率3割5分5厘はまずまずの数字だ。

 最も三振しない打者としても知られ、昨季は674打席で40三振。16.9打席に1回の三振頻度はメジャー最少だった。さらに左打者でありながら、左投手に強い。昨季の左腕との対戦打率3割3分9厘はヤンキース・イチロー(3割2分1厘)らを抑えてダントツだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る