• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

狙われるロイヤルズ青木…“三振しない俊足”に厳しいマーク

 日本人リードオフマンが厳しいマークに遭っている。

 今季は打線の牽引役を期待されるロイヤルズ・青木宣親(32)。5月31日のブルージェイズ戦では左かかとにぶつけられ、その後は痛み止めを服用しながら出場を強いられるなど、ここまで受けた死球は3個。チームでは主軸ゴードンの4個に次ぐ多さだ。5日のカージナルス戦ではモリーナ捕手から投手への返球を頭にぶつけられ、別の試合では牽制球を頭部に受けるなど、何かと災難続きだ。

 実は青木は数字上ではメジャー有数の好打者。ブリュワーズ時代の過去2年間で1117打数321安打の打率2割8分7厘。出塁率3割5分5厘はまずまずの数字だ。

 最も三振しない打者としても知られ、昨季は674打席で40三振。16.9打席に1回の三振頻度はメジャー最少だった。さらに左打者でありながら、左投手に強い。昨季の左腕との対戦打率3割3分9厘はヤンキース・イチロー(3割2分1厘)らを抑えてダントツだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る