日ハムのCS決めた斎藤佑 次回登板はフェニックスリーグ

公開日: 更新日:

 29日に先発し、5回2安打1失点でチームのCS進出を決めたのが日本ハムの斎藤佑樹(26)だ。初回にソロ本塁打を浴びたものの、その後はわずか1安打。今季2勝(1敗)目を手にした。

 かつての「ハンカチ王子」も今季はわずか6試合。この日の登板も風邪でダウンした後輩、大谷翔平(20)の代役だ。球速もせいぜい140キロ、制球力も良いとはいえない。それでもこの日は要所要所で好投。苦手といわれていた右打者の内角、左打者の外角ギリギリにズバリとストライクを投げ込んでいた。

 内容は徐々に進化している斎藤。それでもCSで出番があるかといえば、話は別。なにせ、この日は5回わずか82球で降板。最初から「5回まで」と決めていた首脳陣に勝たせてもらったようなものだ。

 CS進出が決まる大舞台での登板も、「斎藤に自信をつけてもらおう」という首脳陣の親心。本人もそれがわかっているのか、お立ち台では、「ポストシーズンの意気込み? 少しでもチームに貢献できれば」と言葉を濁した。

 次の登板はCSではなく、フェニックスリーグになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る