• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷ははるか先…日ハム斎藤佑のライバルは「3年目と新人」

 右肩痛からの復活を目指す日本ハムの斎藤佑樹(25)は、開幕2戦目、29日のオリックス戦の先発が内定している。

 キャンプ、オープン戦で右肩の不安を払拭。ストレートの球速も140キロ台中盤まで上がってきた。「投手として好調な大谷に刺激を受け、負けてられないと取り組んだことが好結果につながっている」とはさる担当記者だが、「栗山監督はまだ、斎藤を信用していません」と日ハムOBがこう続ける。

「今年はシュートを覚えて投球の幅が広がったというものの、死球覚悟で右打者の内角をえぐる大胆さはない。要するにまだ精神的に追い込まれてるわけじゃない。それでも結果は出ているし、ここで見切りをつけたら本当に終わってしまう。栗山監督は斎藤のプライドを配慮して開幕2番手で使うのでしょう」

 開幕2番手で投げるのは事実でも、首脳陣の掛け値なしの評価はローテーションの6番手を争っているところ。今季中にローテの軸になる可能性のある大谷ははるか先を走っていて、「斎藤のライバルは3年目の上沢直之(20)とルーキーでドラフト2位の浦野博司(24)」(前出のOB)だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る