大谷ははるか先…日ハム斎藤佑のライバルは「3年目と新人」

公開日: 更新日:

 右肩痛からの復活を目指す日本ハムの斎藤佑樹(25)は、開幕2戦目、29日のオリックス戦の先発が内定している。

 キャンプ、オープン戦で右肩の不安を払拭。ストレートの球速も140キロ台中盤まで上がってきた。「投手として好調な大谷に刺激を受け、負けてられないと取り組んだことが好結果につながっている」とはさる担当記者だが、「栗山監督はまだ、斎藤を信用していません」と日ハムOBがこう続ける。

「今年はシュートを覚えて投球の幅が広がったというものの、死球覚悟で右打者の内角をえぐる大胆さはない。要するにまだ精神的に追い込まれてるわけじゃない。それでも結果は出ているし、ここで見切りをつけたら本当に終わってしまう。栗山監督は斎藤のプライドを配慮して開幕2番手で使うのでしょう」

 開幕2番手で投げるのは事実でも、首脳陣の掛け値なしの評価はローテーションの6番手を争っているところ。今季中にローテの軸になる可能性のある大谷ははるか先を走っていて、「斎藤のライバルは3年目の上沢直之(20)とルーキーでドラフト2位の浦野博司(24)」(前出のOB)だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る