日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷ははるか先…日ハム斎藤佑のライバルは「3年目と新人」

 右肩痛からの復活を目指す日本ハムの斎藤佑樹(25)は、開幕2戦目、29日のオリックス戦の先発が内定している。

 キャンプ、オープン戦で右肩の不安を払拭。ストレートの球速も140キロ台中盤まで上がってきた。「投手として好調な大谷に刺激を受け、負けてられないと取り組んだことが好結果につながっている」とはさる担当記者だが、「栗山監督はまだ、斎藤を信用していません」と日ハムOBがこう続ける。

「今年はシュートを覚えて投球の幅が広がったというものの、死球覚悟で右打者の内角をえぐる大胆さはない。要するにまだ精神的に追い込まれてるわけじゃない。それでも結果は出ているし、ここで見切りをつけたら本当に終わってしまう。栗山監督は斎藤のプライドを配慮して開幕2番手で使うのでしょう」

 開幕2番手で投げるのは事実でも、首脳陣の掛け値なしの評価はローテーションの6番手を争っているところ。今季中にローテの軸になる可能性のある大谷ははるか先を走っていて、「斎藤のライバルは3年目の上沢直之(20)とルーキーでドラフト2位の浦野博司(24)」(前出のOB)だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事