中継は日本人選手ばかり…NHKは大リーグの醍醐味伝えない

公開日:  更新日:

 今年も大リーグのレギュラーシーズンは、最後の最後までもつれた。

 最終戦だった28日(日本時間29日)、ア・リーグはようやく中地区優勝チーム(タイガース)と、ワイルドカードゲーム(優勝以外の勝率上位2チーム)に進むチーム(ロイヤルズとアスレチックス)が決まった。

 当初は両リーグそれぞれ地区優勝の3チームに、ワイルドカード(優勝を逃した中の最高勝率チーム)1チームを加えた4チームがプレーオフに進んでいたが、一昨年からワイルドカードゲームを導入。優勝の3チーム以外の勝率上位2チームが、地区シリーズ進出をかけて1試合行うよう、システムを変更した。つまり両リーグ15球団中5球団がプレーオフに進めるようになったわけだ。

「プレーオフ進出の間口が広がったことで、各チームにはこれまで以上にチャンスが出てきました。プレーオフ進出をかけて選手が目の色を変えていることが、大混戦につながったのです」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る