日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中継は日本人選手ばかり…NHKは大リーグの醍醐味伝えない

 今年も大リーグのレギュラーシーズンは、最後の最後までもつれた。

 最終戦だった28日(日本時間29日)、ア・リーグはようやく中地区優勝チーム(タイガース)と、ワイルドカードゲーム(優勝以外の勝率上位2チーム)に進むチーム(ロイヤルズとアスレチックス)が決まった。

 当初は両リーグそれぞれ地区優勝の3チームに、ワイルドカード(優勝を逃した中の最高勝率チーム)1チームを加えた4チームがプレーオフに進んでいたが、一昨年からワイルドカードゲームを導入。優勝の3チーム以外の勝率上位2チームが、地区シリーズ進出をかけて1試合行うよう、システムを変更した。つまり両リーグ15球団中5球団がプレーオフに進めるようになったわけだ。

「プレーオフ進出の間口が広がったことで、各チームにはこれまで以上にチャンスが出てきました。プレーオフ進出をかけて選手が目の色を変えていることが、大混戦につながったのです」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事