ペーニャ問題燻るオリ ロッテからデスパイネ“横取り”狙う

公開日:  更新日:

 なぜ、このタイミングなのか。CSファーストステージに出場することなく、12日に登録抹消されたオリックス・ペーニャ(32)。

 球団は右大胸筋炎症と説明するも、本人は「自分は試合に出られる状態だった」と言った。「近日中に退団発表」「キューバ大砲取り」と書いたスポーツ紙もあったが、オリックスの瀬戸山隆三球団本部長(61)が「来季契約に向けた1回目の話し合いを済ませた」と明かすなど、依然ゴタゴタが続いている。ある球団OBが言う。

「ペーニャは今季32本塁打を打ったが、9月くらいから素行が怪しくなった。自分勝手な一発狙いの大振りが目立っていた。彼は1年契約。球団内では、他球団を含めてオフの契約のことしか考えていないともっぱら。そうした態度を球団が疑問視し、争奪戦までして残留させる必要はないと判断したのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る