日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ペーニャ問題燻るオリ ロッテからデスパイネ“横取り”狙う

 なぜ、このタイミングなのか。CSファーストステージに出場することなく、12日に登録抹消されたオリックス・ペーニャ(32)。

 球団は右大胸筋炎症と説明するも、本人は「自分は試合に出られる状態だった」と言った。「近日中に退団発表」「キューバ大砲取り」と書いたスポーツ紙もあったが、オリックスの瀬戸山隆三球団本部長(61)が「来季契約に向けた1回目の話し合いを済ませた」と明かすなど、依然ゴタゴタが続いている。ある球団OBが言う。

「ペーニャは今季32本塁打を打ったが、9月くらいから素行が怪しくなった。自分勝手な一発狙いの大振りが目立っていた。彼は1年契約。球団内では、他球団を含めてオフの契約のことしか考えていないともっぱら。そうした態度を球団が疑問視し、争奪戦までして残留させる必要はないと判断したのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事