首位争いオリを牽引 ペーニャに聞いた「本塁打量産」の秘訣

公開日: 更新日:

 ソフトバンクと首位争いを繰り広げるオリックス。そんなチームを開幕から「力」で牽引しているのが身長191センチ、体重118キロのこの巨漢助っ人だ。昨オフ、ソフトバンクから事実上解雇されながら、新天地に移った今季は持ち前のパワーが爆発。打率こそ・260ながら、本塁打は27本でメヒア(西武)と並びリーグトップを走っている。27日のロッテ戦でも、適時打を放ってチームの連勝に貢献した助っ人を直撃した。

――ソフトバンクでの2年間と比べて、今年はシーズン開幕から調子がいい。要因は?

「調子がいいっていう感じではない。でも、昨年に比べれば、体調はいい。それに過去の2シーズンで、相手のことがよくわかってきたから。2年前に来日した当初は、なかなか相手投手の顔や持ち球が覚えられなった。でも、何度も対戦しているうちに、『この投手は打者を追い込むとスプリットを多投する』とか、相手のことがわかってきた。打者にとって、相手投手のことを理解して打席に入るのと、何も情報がないまま入るのでは気持ちが違う。今はおかげさまで、相手の顔を見れば、何となくイメージ、対策がたてられる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る