体も技術もダル超え データで見た日ハム大谷「2年目の進化」

公開日: 更新日:

 21日の楽天戦は2本塁打を浴びるなど、5回3分の1を自己最悪の7失点。

 高卒2年目の投手として先輩のダルビッシュ(28=現レンジャーズ)に並ぶ12勝目(4敗)は逃したものの、ここまでダルに匹敵する、いや、それ以上の数字を残しているのが日本ハムの大谷翔平(20)だ。

 2年目の数字を比べてみると、投球回数153回3分の1(149回3分の1)、敗数4(5)、防御率2.64(2.89)、被本塁打7(12)、四球57(64)、奪三振176(115=カッコ内はダルビッシュ)。

 ちなみに、1年目は投球回数61回3分の2(94回3分の1)、勝数3(5)、敗数0(5)、防御率4.23(3.53)、被本塁打4(7)、四球33(48)、奪三振46(52=カッコ内はダルビッシュ)。

 大谷は1年目こそダルの後塵を拝しながら、2年目で追い抜いていることが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る