日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体も技術もダル超え データで見た日ハム大谷「2年目の進化」

 21日の楽天戦は2本塁打を浴びるなど、5回3分の1を自己最悪の7失点。

 高卒2年目の投手として先輩のダルビッシュ(28=現レンジャーズ)に並ぶ12勝目(4敗)は逃したものの、ここまでダルに匹敵する、いや、それ以上の数字を残しているのが日本ハムの大谷翔平(20)だ。

 2年目の数字を比べてみると、投球回数153回3分の1(149回3分の1)、敗数4(5)、防御率2.64(2.89)、被本塁打7(12)、四球57(64)、奪三振176(115=カッコ内はダルビッシュ)。

 ちなみに、1年目は投球回数61回3分の2(94回3分の1)、勝数3(5)、敗数0(5)、防御率4.23(3.53)、被本塁打4(7)、四球33(48)、奪三振46(52=カッコ内はダルビッシュ)。

 大谷は1年目こそダルの後塵を拝しながら、2年目で追い抜いていることが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事