体も技術もダル超え データで見た日ハム大谷「2年目の進化」

公開日:  更新日:

 21日の楽天戦は2本塁打を浴びるなど、5回3分の1を自己最悪の7失点。

 高卒2年目の投手として先輩のダルビッシュ(28=現レンジャーズ)に並ぶ12勝目(4敗)は逃したものの、ここまでダルに匹敵する、いや、それ以上の数字を残しているのが日本ハムの大谷翔平(20)だ。

 2年目の数字を比べてみると、投球回数153回3分の1(149回3分の1)、敗数4(5)、防御率2.64(2.89)、被本塁打7(12)、四球57(64)、奪三振176(115=カッコ内はダルビッシュ)。

 ちなみに、1年目は投球回数61回3分の2(94回3分の1)、勝数3(5)、敗数0(5)、防御率4.23(3.53)、被本塁打4(7)、四球33(48)、奪三振46(52=カッコ内はダルビッシュ)。

 大谷は1年目こそダルの後塵を拝しながら、2年目で追い抜いていることが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る