• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

青森・聖愛で質問攻めに 最近の横浜ではなかったこと

 青森の弘前学院聖愛で4日間教えてきた。

 前回は短期間ですぐに実戦で役立つ中継プレーの「バックホーム」編をやった。今回は第2弾。「バックサード」編だ。この2つの中継プレーの練習をやると、丸々半日はかかる。

 無死か1死で走者一塁、打球は右中間への安打。外野手が三塁へ送球する際、このコースだけが二塁手と遊撃手がカットに入る可能性があり、判断が難しいのだ。

 どっちが入るのか。打球を処理する際の外野手の体勢、左右の利き腕、打球の高さを考慮することが大事になる。

 バウンドが高くて外野手が立ったまま捕球できる打球は送球しやすい。一方、地を這うようなゴロやギリギリで捕球した時は体勢を低くしているため、投げにくいからだ。

 いい体勢で送球がしやすいのは、右投げの右翼手と左の中堅手。悪いのは左の右翼手と右の中堅手。例えば右の中堅手が右中間の打球を捕球すると、送球とは逆方向のライト側へ体重が流れる。左側に回転して送球する局面も出てくるため、強い送球が投げにくく、コントロールも乱れる。左の中堅手なら左足で踏ん張って、そのまま送球できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る