• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

短期集中マル秘実戦練習

 8月31日をもって横浜高校を退任し、9月からフリーになった。先月30、31日は明大と法大のセレクションに横浜の選手を引率。これが最後の仕事となった。

 選考会とはいえ、いい選手には春先に大学側から声が掛かる。ベースランニングや遠投の数値を測り、投球、打撃、守備の実技もある。アピールできれば無名の選手にもチャンスはあるが、枠は1人か2人だろう。明大の場合は34人中、半数程度しか合格しないと聞いたから狭き門だ。選手はたいてい監督などの指導者を伴って参加する。

 私と同じく、今夏限りで九州国際大付を退任した若生正広監督も選手と一緒に法大に来ていた。もちろん甲子園出場は大事だが、名門大学とのつながりも同様に重要。「来年以降もよろしくお願いします」という願いを込めて、各指導者は大学に顔を出している。

 フリーになって初の仕事は北大津だった。夏は滋賀大会決勝で惜しくも近江に敗れた。付き合いがある北大津の宮崎裕也監督からの依頼だった。数日間の滞在で教えられることは限られる。すぐに実戦で生きる「中継プレー」を練習と黒板を使ったミーティングで講義した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る