• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

短期集中マル秘実戦練習

 8月31日をもって横浜高校を退任し、9月からフリーになった。先月30、31日は明大と法大のセレクションに横浜の選手を引率。これが最後の仕事となった。

 選考会とはいえ、いい選手には春先に大学側から声が掛かる。ベースランニングや遠投の数値を測り、投球、打撃、守備の実技もある。アピールできれば無名の選手にもチャンスはあるが、枠は1人か2人だろう。明大の場合は34人中、半数程度しか合格しないと聞いたから狭き門だ。選手はたいてい監督などの指導者を伴って参加する。

 私と同じく、今夏限りで九州国際大付を退任した若生正広監督も選手と一緒に法大に来ていた。もちろん甲子園出場は大事だが、名門大学とのつながりも同様に重要。「来年以降もよろしくお願いします」という願いを込めて、各指導者は大学に顔を出している。

 フリーになって初の仕事は北大津だった。夏は滋賀大会決勝で惜しくも近江に敗れた。付き合いがある北大津の宮崎裕也監督からの依頼だった。数日間の滞在で教えられることは限られる。すぐに実戦で生きる「中継プレー」を練習と黒板を使ったミーティングで講義した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る