日ハム小谷野 「戻る場所」を確保してFA行使のしたたかさ

公開日: 更新日:

 11日、都内でFA行使を表明したのが、日本ハムの小谷野栄一内野手(34)だ。

「今年は若い子たちが成長して、凄くいいチームになった。(自分の)終わり時も考えて、もう一度、チャレンジしたい気持ちになった。球団も新たな場所でチャレンジしたいという僕の思いを尊重してくれた」

 会見でこう語った本人がFA行使を決意した最大の理由は、チームの自分に対する評価だったらしい。

 今季はケガや若手の台頭もあって84試合に出場しただけ。球団の年俸査定では現状の7000万円からのダウンだったらしい。昨年は1億500万円から3500万円減。本人は2年連続のダウン表示に納得がいかなかったようだ。今季は打率2割9分6厘。CSでもチャンスで打ちまくったという自負があったのかもしれない。

 それなら出て行きますと交渉の席を立ってもよさそうなものだが、小谷野がしっかりしているのは、日ハムから宣言残留OKの言質をもらっている点。手を挙げて獲得に名乗りを上げる球団が現れる自信がなかったからだろうが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る