日ハム小谷野 「戻る場所」を確保してFA行使のしたたかさ

公開日:  更新日:

 11日、都内でFA行使を表明したのが、日本ハムの小谷野栄一内野手(34)だ。

「今年は若い子たちが成長して、凄くいいチームになった。(自分の)終わり時も考えて、もう一度、チャレンジしたい気持ちになった。球団も新たな場所でチャレンジしたいという僕の思いを尊重してくれた」

 会見でこう語った本人がFA行使を決意した最大の理由は、チームの自分に対する評価だったらしい。

 今季はケガや若手の台頭もあって84試合に出場しただけ。球団の年俸査定では現状の7000万円からのダウンだったらしい。昨年は1億500万円から3500万円減。本人は2年連続のダウン表示に納得がいかなかったようだ。今季は打率2割9分6厘。CSでもチャンスで打ちまくったという自負があったのかもしれない。

 それなら出て行きますと交渉の席を立ってもよさそうなものだが、小谷野がしっかりしているのは、日ハムから宣言残留OKの言質をもらっている点。手を挙げて獲得に名乗りを上げる球団が現れる自信がなかったからだろうが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る