今季3位の阪神と日ハム 過去10年成績“雲泥の差”の理由

公開日:  更新日:

 去年の春先、阪神対日本ハム戦が行われたときのことだ。ネット裏にいた日本ハムのフロント数人が、今成亮太(26)が外野で守備練習をしている姿を見て笑ったという。

 今成は一昨年の12年4月、捕手不足の阪神が日ハムに頭を下げてトレードで獲得した選手。なのに阪神はリードに問題があると「捕手失格」の烙印を押し、昨オフに今成と同タイプで打撃のいい捕手の日高剛(37)をFAで獲得。日ハムフロント陣は、今成の打撃を生かすため、外野で使おうという阪神の一貫性のないスタンスに、「何を考えているのか分からない」とクビをひねったのだ。

 日ハムは「ドラフトと育成」がチームづくりの根幹。藤井純一前球団社長(65)は「3年に1回は優勝する。それがチームの考え方」と話していた。一方の阪神は日ハムと違って、関西マスコミがこぞって注目する老舗人気球団。常に勝つことが求められ、毎年のように大金をかけて選手を外部から補強する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る