今季3位の阪神と日ハム 過去10年成績“雲泥の差”の理由

公開日: 更新日:

 去年の春先、阪神日本ハム戦が行われたときのことだ。ネット裏にいた日本ハムのフロント数人が、今成亮太(26)が外野で守備練習をしている姿を見て笑ったという。

 今成は一昨年の12年4月、捕手不足の阪神が日ハムに頭を下げてトレードで獲得した選手。なのに阪神はリードに問題があると「捕手失格」の烙印を押し、昨オフに今成と同タイプで打撃のいい捕手の日高剛(37)をFAで獲得。日ハムフロント陣は、今成の打撃を生かすため、外野で使おうという阪神の一貫性のないスタンスに、「何を考えているのか分からない」とクビをひねったのだ。

 日ハムは「ドラフトと育成」がチームづくりの根幹。藤井純一前球団社長(65)は「3年に1回は優勝する。それがチームの考え方」と話していた。一方の阪神は日ハムと違って、関西マスコミがこぞって注目する老舗人気球団。常に勝つことが求められ、毎年のように大金をかけて選手を外部から補強する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る