再来年は80億円契約? マリナーズ岩隈にトレード打診殺到

公開日:  更新日:

 来季メジャー4年目を迎えるマリナーズ・岩隈久志(33)に、他球団からトレードの申し込みが殺到しているという。

 今季の岩隈は終盤に失速したものの、28試合に先発して15勝9敗、防御率3.52。エース右腕ヘルナンデスとともに投手陣を牽引し、2年連続2ケタ勝利をマーク。昨季(14勝6敗、防御率2.66)は安定感のある投球が評価され、サイ・ヤング賞の最終候補3人に残った。今季も17試合でクオリティースタート(QS=6回を3自責点以内)を記録しており、計算できる先発投手として他球団から引く手あまたなのだ。

 すでにレッドソックスがマリナーズにトレードを打診したと複数の米メディアが伝えているが、実は早い時期からズレンシックGMのもとには岩隈譲渡の申し込みが殺到していた。13日まで行われたGM会議(アリゾナ州フェニックス)は、岩隈に関する話題でもちきり。ズレンシックGMの携帯電話には他球団首脳からひっきりなしに連絡が入っていたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る