6戦ぶり四球も…マリナーズ岩隈が抜群の安定感で9勝目

公開日:  更新日:

 マリナーズ・岩隈久志(33)が2年連続2ケタ勝利に王手をかけた。

 29日(日本時間30日)のインディアンス戦に登板。7回を6安打2失点で9勝目(5敗)をマークした。

 後半戦はリーグトップのチーム本塁打(14)を放っている好調なインディアンス打線を多彩な変化球で手玉に取った。五回には連打を浴びたが、2点で切り抜けた。七回にも1死から長打でピンチを背負ったが、下位打線を封じてつけ入る隙を与えない。

 一回は2死から3番ブラントリーに四球を与え、連続無四球は5試合(計36回3分の1)で途切れたものの、依然として安定感は抜群だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る