森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

日本ハム・大谷翔平に「見合い結婚」のススメ

公開日:  更新日:

 先日、ある関係者から某球団にすったもんだの末に逆指名で入団した投手の「今」を聞いた。

 彼は「アマ球界ナンバーワン」と言われたほど才能があったが、プロでは大した結果を残せなかった。トレードや戦力外も経験し、学生時代に結婚した妻の内助の功がマスコミに取り上げられたこともある。

 現役を引退した彼は、離婚を経験し、ひとりで子供を育てながら、ひっそりと地方都市で暮らしているという。この話を聞いて、野球の実力とは関係ない部分でつまずいてしまうと、野球人として大成するのは難しいのかな、と思った。

 過去には、元風俗嬢と結婚して大騒ぎになり、野球どころではなくなった選手もいた。度重なる女性問題で球団から謹慎処分を受けたことがある別の選手もしかり。2人は野球の才能に恵まれながら、実力に見合う結果を残しているとは言い難い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る