森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

日本ハム・大谷翔平に「見合い結婚」のススメ

公開日: 更新日:

 先日、ある関係者から某球団にすったもんだの末に逆指名で入団した投手の「今」を聞いた。

 彼は「アマ球界ナンバーワン」と言われたほど才能があったが、プロでは大した結果を残せなかった。トレードや戦力外も経験し、学生時代に結婚した妻の内助の功がマスコミに取り上げられたこともある。

 現役を引退した彼は、離婚を経験し、ひとりで子供を育てながら、ひっそりと地方都市で暮らしているという。この話を聞いて、野球の実力とは関係ない部分でつまずいてしまうと、野球人として大成するのは難しいのかな、と思った。

 過去には、元風俗嬢と結婚して大騒ぎになり、野球どころではなくなった選手もいた。度重なる女性問題で球団から謹慎処分を受けたことがある別の選手もしかり。2人は野球の才能に恵まれながら、実力に見合う結果を残しているとは言い難い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る