森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

日本ハム・大谷翔平に「見合い結婚」のススメ

公開日:  更新日:

 先日、ある関係者から某球団にすったもんだの末に逆指名で入団した投手の「今」を聞いた。

 彼は「アマ球界ナンバーワン」と言われたほど才能があったが、プロでは大した結果を残せなかった。トレードや戦力外も経験し、学生時代に結婚した妻の内助の功がマスコミに取り上げられたこともある。

 現役を引退した彼は、離婚を経験し、ひとりで子供を育てながら、ひっそりと地方都市で暮らしているという。この話を聞いて、野球の実力とは関係ない部分でつまずいてしまうと、野球人として大成するのは難しいのかな、と思った。

 過去には、元風俗嬢と結婚して大騒ぎになり、野球どころではなくなった選手もいた。度重なる女性問題で球団から謹慎処分を受けたことがある別の選手もしかり。2人は野球の才能に恵まれながら、実力に見合う結果を残しているとは言い難い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る