DeNAに朗報 グリエル争奪戦で巨人に出された「難条件」

公開日:  更新日:

 巨人が補強の目玉として獲得を狙う、DeNAのユリエスキ・グリエル(30)が、来季の所属先について、ある「条件」を出していたことが分かった。

 各球団の保留者名簿は30日に締め切られる。DeNAはグリエル、巨人はセペダの名前を掲載しているもよう。だからといって、これで残留が決定するわけではない。キューバ側との交渉が本格化するのは12月以降。来季の所属先はまだ不透明な状況だ。

 巨人とのマネーゲームは分が悪いとばかりに、DeNAの中畑清監督(60)は「取り合いでうちが勝ったことはないんじゃないか」と発言。が、グリエル側の条件はDeNAにとって「朗報」だ。中南米事情に詳しい球界関係者が言う。

「グリエルは本職の『三塁』固定を条件にしているんです。今春の解禁時も巨人は手を挙げたものの、三塁は村田、二塁は片岡とFA加入の選手がいるためポジションの確約ができず、『外野』起用をほのめかしたら逃げられた。DeNAは二塁の石川を外野へコンバートしてまでポジションを空け、二塁と三塁の併用という形を取った。主に三塁だったバルディリスは来季まで契約が残っているが、レギュラー決定という立場ではない。DeNAなら三塁固定の約束もできるというわけ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る