新主将任せ複数年契約も 巨人が必死の坂本「引き留め工作」

公開日: 更新日:

 巨人が異例の引き留めプランを温めているという。

 8年間務めた阿部が主将退任を表明し、後任の最有力候補に名前が挙がる坂本勇人(25)。就任すれば文字通り、巨人の顔になる。その坂本は来季中には国内移籍が可能なFA権を取得するため、球団は複数年契約を用意する意思があるという。

 巨人はこれまで、主力がFA権を取得した年のオフに複数年契約を結ぶのが通例だった。最近の生え抜き選手では07年の高橋由、09年の阿部、12年の内海はいずれも取得後に4年契約を結び残留した。それが1年前倒しとなれば、巨人では異例のこと。球団関係者がこう言う。

「他球団では1年前から複数年契約を結んで残留を要請するのは珍しくない。楽天の嶋は今季取得する前の昨オフに4年契約を結んでいる。坂本の世代はマー君とかマエケンとかメジャー重視の年代。早めに手を打っておく必要がある。ただでさえ坂本は、先日の日米野球で侍ジャパンの主力として、メジャー側の評価も高かった。来季から主将を任せる案があるのも、巨人に残留させたい球団の思惑と無関係ではない。チームの顔料、期待料、生涯巨人の確約までいけば、4年総額で12億円程度にまで跳ね上がるかもしれない。本人が1年契約がいいというなら、先のことは分からないということなのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る