6000万円で更改の巨人亀井 あえて「単年契約」選択の思惑

公開日:  更新日:

 複数年契約をあえて蹴った。巨人の亀井善行(32)が昨27日、契約交渉。単年契約で2000万円アップの推定6000万円でサインした。

 2月の春季キャンプ中に右手人さし指を骨折。8月には左太ももの肉離れで69試合の出場にとどまったが、殊勲打4度の交流戦ではMVPに選ばれ、優勝の立役者となった。「ケガがなければ、もうちょっと(成績が)いったのかなと。来季は全試合……と言いたいところだけど、100試合以上は出たい」と控え気味に話した。

 今季国内FA権を取得。「ふがいない成績が続いた中でも使ってもらった。恩を返したい」と権利を行使する気は毛頭なかった。しかし、シーズンが終了し、秋季練習がスタートした先月28日の段階で球団からの連絡はなし。亀井は不安そうにこう漏らしていた。

「FA? 使わないよ。でも球団から何の連絡もないんだけど、これって大丈夫なのかな? 一応FAを取ったから、普通は複数年とかの話し合いをするんでしょ? もし連絡がなかったらヤバイよね。構想外ってことだからね……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る