• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青木は“残留消滅”も引く手あまた イチローよりなぜモテる?

 ロイヤルズからFAになっている青木宣親(32)に興味を示す球団が日増しに増えている。

 そのロイヤルズが15日、アレックス・リオス外野手(33=レンジャーズFA)と契約に基本合意し、青木の残留の可能性が事実上、消滅したものの、これまでにレッズ、オリオールズ、メッツ、ジャイアンツら複数のチームが獲得に前向きな姿勢を見せた。今季のア・リーグ本塁打王(40本)のクルーズ(34=前オリオールズ)を獲得するなど積極的な補強を進めるマリナーズも、右翼の候補としてリストアップしたという。

 そこへいくと、さっぱりお呼びがかからないのが、同じ右翼手のイチロー(41)だ。

 代理人であるジョン・ボッグス氏は「各球団は年齢を見るのではなく、今季2割8分4厘を打ったこと、外野すべてを守れることを見てほしい」とアピールしたが、イチローが相手にされないのは本当に「年齢」だけが原因なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る