青木は“残留消滅”も引く手あまた イチローよりなぜモテる?

公開日:  更新日:

 ロイヤルズからFAになっている青木宣親(32)に興味を示す球団が日増しに増えている。

 そのロイヤルズが15日、アレックス・リオス外野手(33=レンジャーズFA)と契約に基本合意し、青木の残留の可能性が事実上、消滅したものの、これまでにレッズ、オリオールズ、メッツ、ジャイアンツら複数のチームが獲得に前向きな姿勢を見せた。今季のア・リーグ本塁打王(40本)のクルーズ(34=前オリオールズ)を獲得するなど積極的な補強を進めるマリナーズも、右翼の候補としてリストアップしたという。

 そこへいくと、さっぱりお呼びがかからないのが、同じ右翼手のイチロー(41)だ。

 代理人であるジョン・ボッグス氏は「各球団は年齢を見るのではなく、今季2割8分4厘を打ったこと、外野すべてを守れることを見てほしい」とアピールしたが、イチローが相手にされないのは本当に「年齢」だけが原因なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る