日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パドレスが外野手続々獲得 イチローは新天地本命から“肘鉄”

 かつての安打製造機が厳しい立場に追い込まれている。

 ヤンキースからFAになったイチロー(41)。当初、移籍先として有力視されていたナ・リーグ西地区のパドレスが外野手を相次いで獲得しているからだ。

 複数の米メディアが12日(日本時間13日)に報じたところによれば、パドレスは11年の本塁打王マット・ケンプ外野手(30)をドジャースからトレードで獲得。両チーム合わせて5人が動く大型トレードだという。

 今季リーグワーストのチーム打率2割2分6厘の貧打解消を図るため、パドレスではさらなる外野手の補強に動いている。有力候補は今季ブレーブスで打率2割7分、29本塁打、102打点をマークしたジャスティン・アップトン外野手(27)。来季終了後にはFAになるため、ブレーブスがパドレスにトレードを持ちかけているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事