37億円補強のオリックス企むイチロー獲得の“ウルトラC”

公開日:  更新日:

 今オフの主役は、巨人でもなければソフトバンクでもない。「総額37億円補強」といわれるオリックスだ。

 前広島のバリントン(34)、前DeNAのブランコ(34)、前日本ハムの小谷野栄一(34)を補強しただけでは飽き足らず、米国帰りの中島裕之(32)まで獲得。FA宣言したエースの金子千尋(31)も残留させようという勢いだ。札束攻勢で選手をかき集め、さすがにお腹いっぱい、これで打ち止めかと思ったら、さらにとんでもない大物の獲得を画策していた。
 米大リーグ、ヤンキースからFAになったイチロー(41)だ。

 イチローの今季年俸は約7億8000万円。37億円使って、さらに超大物メジャーリーガーを獲得しようというオリックスの金庫はいったい、どうなっているのか。

 オリックスグループはここ数年、主力だったリース業や金融業以外、証券業や保険分野でも増収増益が続いている。15年3月期の業績見通しでは営業収益の予想を1兆2000億円から1兆3000億円へ上方修正したほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る