37億円補強のオリックス企むイチロー獲得の“ウルトラC”

公開日:  更新日:

 今オフの主役は、巨人でもなければソフトバンクでもない。「総額37億円補強」といわれるオリックスだ。

 前広島のバリントン(34)、前DeNAのブランコ(34)、前日本ハムの小谷野栄一(34)を補強しただけでは飽き足らず、米国帰りの中島裕之(32)まで獲得。FA宣言したエースの金子千尋(31)も残留させようという勢いだ。札束攻勢で選手をかき集め、さすがにお腹いっぱい、これで打ち止めかと思ったら、さらにとんでもない大物の獲得を画策していた。
 米大リーグ、ヤンキースからFAになったイチロー(41)だ。

 イチローの今季年俸は約7億8000万円。37億円使って、さらに超大物メジャーリーガーを獲得しようというオリックスの金庫はいったい、どうなっているのか。

 オリックスグループはここ数年、主力だったリース業や金融業以外、証券業や保険分野でも増収増益が続いている。15年3月期の業績見通しでは営業収益の予想を1兆2000億円から1兆3000億円へ上方修正したほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る