37億円補強のオリックス企むイチロー獲得の“ウルトラC”

公開日: 更新日:

 今オフの主役は、巨人でもなければソフトバンクでもない。「総額37億円補強」といわれるオリックスだ。

 前広島のバリントン(34)、前DeNAのブランコ(34)、前日本ハムの小谷野栄一(34)を補強しただけでは飽き足らず、米国帰りの中島裕之(32)まで獲得。FA宣言したエースの金子千尋(31)も残留させようという勢いだ。札束攻勢で選手をかき集め、さすがにお腹いっぱい、これで打ち止めかと思ったら、さらにとんでもない大物の獲得を画策していた。
 米大リーグ、ヤンキースからFAになったイチロー(41)だ。

 イチローの今季年俸は約7億8000万円。37億円使って、さらに超大物メジャーリーガーを獲得しようというオリックスの金庫はいったい、どうなっているのか。

 オリックスグループはここ数年、主力だったリース業や金融業以外、証券業や保険分野でも増収増益が続いている。15年3月期の業績見通しでは営業収益の予想を1兆2000億円から1兆3000億円へ上方修正したほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る