• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青木、鳥谷狙い? カブス新監督マドン氏は“脇役”日本人好き

 カブスのジョー・マドン新監督(60)が日本人選手の移籍に一役買うかもしれない。

 同監督は昨季までレイズで指揮を執り、2008年には球団史上初のワールドシリーズに導いた。ア・リーグ東地区のお荷物球団を毎年のように優勝争いする強豪へと変貌させた手腕は高く評価されている。岩村明憲(前ヤクルト)の他に、12年には松井秀喜がプレーしただけに、日本人選手の勤勉さを熟知している。08年には三塁から二塁にコンバートした岩村が地味ながら攻守にわたる活躍を見せたこともあり、当時、地元メディアの取材に「日本人選手は脇を固めるのに最適な人材。野手なら2割6~7分残せば上出来」と話したこともある。

 走攻守の基本がしっかりして、米国や中南米の選手に比べてパワーで劣る日本人は脇役にふさわしいし、それに徹するべきというわけだ。


 カブスのウイークポイントは二塁と右翼だ。今季は主力に故障が相次いだこともあり、最後まで固定できなかった。折しも、今オフは青木宣親外野手(32)がロイヤルズからFAとなり、阪神の鳥谷敬内野手(33)はメジャー移籍が噂される。

 カブスはレッドソックス時代に松坂、岡島らを獲得したセオ・エプスタイン氏が補強の実権を握っている。指揮官と副社長の意見が一致すれば、青木と鳥谷が「脇役」として獲得リストに加えられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る