青木、鳥谷狙い? カブス新監督マドン氏は“脇役”日本人好き

公開日:  更新日:

 カブスのジョー・マドン新監督(60)が日本人選手の移籍に一役買うかもしれない。

 同監督は昨季までレイズで指揮を執り、2008年には球団史上初のワールドシリーズに導いた。ア・リーグ東地区のお荷物球団を毎年のように優勝争いする強豪へと変貌させた手腕は高く評価されている。岩村明憲(前ヤクルト)の他に、12年には松井秀喜がプレーしただけに、日本人選手の勤勉さを熟知している。08年には三塁から二塁にコンバートした岩村が地味ながら攻守にわたる活躍を見せたこともあり、当時、地元メディアの取材に「日本人選手は脇を固めるのに最適な人材。野手なら2割6~7分残せば上出来」と話したこともある。

 走攻守の基本がしっかりして、米国や中南米の選手に比べてパワーで劣る日本人は脇役にふさわしいし、それに徹するべきというわけだ。


 カブスのウイークポイントは二塁と右翼だ。今季は主力に故障が相次いだこともあり、最後まで固定できなかった。折しも、今オフは青木宣親外野手(32)がロイヤルズからFAとなり、阪神の鳥谷敬内野手(33)はメジャー移籍が噂される。

 カブスはレッドソックス時代に松坂、岡島らを獲得したセオ・エプスタイン氏が補強の実権を握っている。指揮官と副社長の意見が一致すれば、青木と鳥谷が「脇役」として獲得リストに加えられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る