日本に打撃 米と「国交回復」で高騰するキューバ人選手の価値

公開日: 更新日:

 米国とキューバの歴史的な和解はメジャーリーグも敏感に反応した。

 大リーグ機構は17日(日本時間18日)に「この重要な問題を注視し、政策転換がキューバ関連ビジネスに影響を与えるなら、各球団に情報を伝えていく」との声明を発表。各球団に対してキューバ人選手の獲得には、これまで以上の慎重さを求めた。

 これまでMLBでのプレーを希望するキューバ人選手は第三国に亡命してメジャー各球団と契約。選手によっては荒波の中、いかだをこぎ、命がけで亡命をはかるケースもあった。国交正常化後はキューバ人選手による移籍の活性化も予想されるが、そんな単純なことではないという。

 17日付の「CBSスポーツ」(電子版)など複数の米メディアによれば、国交回復後もキューバ政府はトップクラスの選手の移籍を認めない方針だという。選手の「保有権」はキューバ政府が保持し続け、メジャー各球団が獲得を希望する場合、キューバ当局との交渉になる。選手の年俸の約75%は政府の取り分になる。キューバ政府が1ドルでも高くメジャーに選手を売ろうと考えるのは当然。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る