日本に打撃 米と「国交回復」で高騰するキューバ人選手の価値

公開日:  更新日:

 米国とキューバの歴史的な和解はメジャーリーグも敏感に反応した。

 大リーグ機構は17日(日本時間18日)に「この重要な問題を注視し、政策転換がキューバ関連ビジネスに影響を与えるなら、各球団に情報を伝えていく」との声明を発表。各球団に対してキューバ人選手の獲得には、これまで以上の慎重さを求めた。

 これまでMLBでのプレーを希望するキューバ人選手は第三国に亡命してメジャー各球団と契約。選手によっては荒波の中、いかだをこぎ、命がけで亡命をはかるケースもあった。国交正常化後はキューバ人選手による移籍の活性化も予想されるが、そんな単純なことではないという。

 17日付の「CBSスポーツ」(電子版)など複数の米メディアによれば、国交回復後もキューバ政府はトップクラスの選手の移籍を認めない方針だという。選手の「保有権」はキューバ政府が保持し続け、メジャー各球団が獲得を希望する場合、キューバ当局との交渉になる。選手の年俸の約75%は政府の取り分になる。キューバ政府が1ドルでも高くメジャーに選手を売ろうと考えるのは当然。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る