キューバ政府が“上から目線” 日本球界派遣に「選手入札」も

公開日: 更新日:

 完全に「主導権」を握られているのだろう。キューバ政府が来季の自国選手の派遣でこれまで以上に強気な姿勢を見せているからだ。

 昨年、選手派遣の解禁に踏み切った当時は、相次いで同国を訪れた日本のフロント陣を手厚く歓迎。選手リストを渡しては「使ってください」と積極的な売り込みをかけていた。

 ところが、今オフになって一変。選手のフルシーズン派遣を決定したこともあって、法外な年俸を提示してきたり、新たな「ルール作り」にも着手したりしているというのだ。某チームの編成担当者はこう嘆く。

「今オフのキューバ政府は昨年と比べ明らかに態度が違う。『選手を派遣してやってもいい』という感じで、上から目線なのです。今年、途中から来日したロッテのデスパイネ(28)やDeNAのグリエル(30)がある程度活躍したからでしょうが、この2人を含めた有力選手に関しての来季の所属先決定に、あろうことか入札制度を使うという話まで出ている。仮に入札制度が導入されれば、年俸高騰は必至。3億~5億円になるんじゃないかなんて話もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る