• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キューバ若手が続々亡命 ベテランに大金積む日本球界の悪癖

 キューバ若手有望選手の亡命が、今年に入って相次いでいる。

 今年6月、13年WBCの日本戦で大隣(ソフトバンク)から本塁打を放った強肩、俊足がウリのヤスマニ・トマス外野手(23)がキューバを脱出。メジャー移籍を前提に亡命したかと思えば、同じくWBCキューバ代表だったアンディ・イバネス(21)も先日、海を渡った。

 13年WBCのキューバ代表に名を連ねた選手の亡命は、イバネスでなんと5人目。トマス、イバネスはいずれも20代前半で、「将来の代表を背負って立つ野手」と国内で目されていただけに、両者の流出に政府関係者もショックを隠し切れない。

 キューバといえば、今季から日本への選手派遣を解禁。亡命のリスクを負わず、「政府公認」で稼げるようになった。それでも将来を嘱望される若手の亡命が相次ぐのは、メジャーで稼げるカネが日本とはケタ違いだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る