キューバ若手が続々亡命 ベテランに大金積む日本球界の悪癖

公開日: 更新日:

 キューバ若手有望選手の亡命が、今年に入って相次いでいる。

 今年6月、13年WBCの日本戦で大隣(ソフトバンク)から本塁打を放った強肩、俊足がウリのヤスマニ・トマス外野手(23)がキューバを脱出。メジャー移籍を前提に亡命したかと思えば、同じくWBCキューバ代表だったアンディ・イバネス(21)も先日、海を渡った。

 13年WBCのキューバ代表に名を連ねた選手の亡命は、イバネスでなんと5人目。トマス、イバネスはいずれも20代前半で、「将来の代表を背負って立つ野手」と国内で目されていただけに、両者の流出に政府関係者もショックを隠し切れない。

 キューバといえば、今季から日本への選手派遣を解禁。亡命のリスクを負わず、「政府公認」で稼げるようになった。それでも将来を嘱望される若手の亡命が相次ぐのは、メジャーで稼げるカネが日本とはケタ違いだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る