服装やマナーに苦言も 小田孔明に賞金王の“品格”はあるのか

公開日:  更新日:

 初の賞金王タイトルに輝いた小田孔明(36)。もちろん、日本男子ツアーの“顔”として相応の立ち居振る舞いが求められるのだが、去る8日に行われたジャパンゴルフツアー表彰式での服装に驚いた関係者は多い。出席者は正装していたが、小田はカーゴパンツ姿に迷彩柄のスニーカーといういでたち。ジャケットとネクタイは着用していたものの、表彰式の主役ともいえる賞金王にふさわしい格好かどうか、分からなかったようだ。

 評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

「10月に主だったゴルフ界の人たちが集まったゴルフビジネスフォーラムで、日本ゴルフツアー機構(JGTO)理事が男子ツアー人気低迷の一因である服装の乱れや、喫煙ルールの順守徹底を明言したばかりです。ようするに、賞金王になった小田のところまで徹底されていない現状がはからずも明らかになったわけです」

 服装だけでなく、試合中のマナーでも小田は問題になっていた。ティーグラウンドでの喫煙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る