GM引き留め示唆も…ロイヤルズ青木 気になる「来季の値段」

公開日: 更新日:

 今季、日本人選手で唯一、ポストシーズン出場を果たしたロイヤルズ・青木宣親(32)の去就に注目が集まっている。

 12年から2年総額250万ドル(約2億7000万円)でブルワーズと契約。昨オフ、トレードでロイヤルズに移籍した。球団に選択権があった3年目を終え、今オフ、FAになる。

 今季は132試合に出場して491打数140安打の打率2割8分5厘、63得点、17盗塁。6月には左足付け根の肉離れで故障者リスト(DL)に入ったとはいえ、まずまずの成績でチームの29年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 デイトン・ムーアGMはレギュラーシーズン終了後、青木について「もちろん、来年も残って欲しい。数字以上に貢献度は高い」と引き留めると示唆した。ワールドシリーズでは6試合で14打数1安打と精彩を欠いた。今季の年俸は約1億6000万円。来季年俸はいったい、どれぐらいになるのか。

■青木は「使い方に困るタイプ」の評も

「際立った特徴がない選手だけに大型契約は期待しにくい」とアメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット