GM引き留め示唆も…ロイヤルズ青木 気になる「来季の値段」

公開日:  更新日:

 今季、日本人選手で唯一、ポストシーズン出場を果たしたロイヤルズ・青木宣親(32)の去就に注目が集まっている。

 12年から2年総額250万ドル(約2億7000万円)でブルワーズと契約。昨オフ、トレードでロイヤルズに移籍した。球団に選択権があった3年目を終え、今オフ、FAになる。

 今季は132試合に出場して491打数140安打の打率2割8分5厘、63得点、17盗塁。6月には左足付け根の肉離れで故障者リスト(DL)に入ったとはいえ、まずまずの成績でチームの29年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 デイトン・ムーアGMはレギュラーシーズン終了後、青木について「もちろん、来年も残って欲しい。数字以上に貢献度は高い」と引き留めると示唆した。ワールドシリーズでは6試合で14打数1安打と精彩を欠いた。今季の年俸は約1億6000万円。来季年俸はいったい、どれぐらいになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る