GM引き留め示唆も…ロイヤルズ青木 気になる「来季の値段」

公開日: 更新日:

 今季、日本人選手で唯一、ポストシーズン出場を果たしたロイヤルズ・青木宣親(32)の去就に注目が集まっている。

 12年から2年総額250万ドル(約2億7000万円)でブルワーズと契約。昨オフ、トレードでロイヤルズに移籍した。球団に選択権があった3年目を終え、今オフ、FAになる。

 今季は132試合に出場して491打数140安打の打率2割8分5厘、63得点、17盗塁。6月には左足付け根の肉離れで故障者リスト(DL)に入ったとはいえ、まずまずの成績でチームの29年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 デイトン・ムーアGMはレギュラーシーズン終了後、青木について「もちろん、来年も残って欲しい。数字以上に貢献度は高い」と引き留めると示唆した。ワールドシリーズでは6試合で14打数1安打と精彩を欠いた。今季の年俸は約1億6000万円。来季年俸はいったい、どれぐらいになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る