GM引き留め示唆も…ロイヤルズ青木 気になる「来季の値段」

公開日: 更新日:

 今季、日本人選手で唯一、ポストシーズン出場を果たしたロイヤルズ・青木宣親(32)の去就に注目が集まっている。

 12年から2年総額250万ドル(約2億7000万円)でブルワーズと契約。昨オフ、トレードでロイヤルズに移籍した。球団に選択権があった3年目を終え、今オフ、FAになる。

 今季は132試合に出場して491打数140安打の打率2割8分5厘、63得点、17盗塁。6月には左足付け根の肉離れで故障者リスト(DL)に入ったとはいえ、まずまずの成績でチームの29年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 デイトン・ムーアGMはレギュラーシーズン終了後、青木について「もちろん、来年も残って欲しい。数字以上に貢献度は高い」と引き留めると示唆した。ワールドシリーズでは6試合で14打数1安打と精彩を欠いた。今季の年俸は約1億6000万円。来季年俸はいったい、どれぐらいになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る