• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

外野補強急務のオリオールズが青木に続きイチローにも触手

 今季ア・リーグ東地区を制した名門球団が日本人のベテラン外野手の獲得を検討しているという。

 オリオールズがヤンキースからFAになっているイチロー(41)に関心を寄せていると、CBSスポーツ(電子版)が18日(日本時間19日)に報じた。

 オリオールズは今オフ、今季の本塁打王(40本)クルーズ(現マリナーズ)、マーカキス(現ブレーブス)がFAで退団。外野の2ポジションが補強ポイントだ。

 メジャー通算3000安打まで残り156本に迫っているイチローはオリオールズとの契約に前向きだという。

 もっとも、オリオールズはイチロー以外にもロイヤルズからFAになっている同じ日本人の青木宣親(32)ら複数の外野手をリストアップしている。今後の交渉次第ではイチローのオリオールズ入りは白紙になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る