日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷が語る「二十歳の私生活」と「メジャーへの憧れ」

 前回は、“二刀流”大谷の投手に主について聞いたが、今回は打者に関して直撃した。課題は何か。ほとんど練習していなくても打てるというのは本当か。二十歳になった今でも外出に許可が必要なことをどう思うか。酒はもう飲んだか。そしてメジャーへの思いはいまも変わらないかなど、核心に迫った。

――投手としては先発ローテに入っている。打者としても、もっと試合に出たいという気持ちはありませんか?

「その実力があれば、そうですね。使いたいと思ってもらえれば、スタメンの機会も増えると思います。でも、まだまだ僕はそのレベルにはない。僕が監督でもそう思います。使うべき場面でまだ信頼がないので、まだまだかな、と。そうしたところで(自分を)使いたいなと思わせたい。そこは練習や試合で結果を残すのが大事だと思います」

――キャンプの全体練習でフリー打撃を行ったのは、ほんの3日程度と聞いています。それでも数字を残せるのはなぜですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事