日ハム大谷がおしゃれに変身も 「外出許可制」延長の裏事情

公開日:  更新日:

「あれっ、ちょっと変わったんじゃないか?」

 報道陣が一斉にこうつぶやいた。昨5日、自主トレ公開で日本ハムの二軍施設(千葉・鎌ケ谷)に姿を現した大谷翔平(20)のことだ。

 トレーニングの成果なのか、精悍な顔立ちは一層キレを増し、もともと細身だったシルエットはさらにシャープに。「体重? 94~95キロぐらいですね。変わっていません」とは本人だが、体形以上に周囲を驚かせたのが大谷の私服姿だった。

 過去2年間、プライベートでスーツ以外はジャージー姿がほとんど。寝癖のついた髪も日常的で、おしゃれに関してはまったくといっていいほど無頓着だった。

 それがこの日はまるで別人。淡いグレーのチェックのコートにコーディネートするように深いグレーのマフラーを巻き、シャツの上にベージュのベストといういでたち。薄くストライプの入った黒色のパンツからはショートブーツにも見える黒の革靴をのぞかせる。髪まできれいにセットされていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る